Archive for 2019 年 10 月

「アクティブ・チャイルド・プログラムin北条」

イベント案内, キッズ, 北条スポーツセンター | by okada
10月 25 2019 年

 

近年「小学生児童の運動能力の二極化」が問題とされています。これは「運動をたくさんする子」と「運動をまったくしない子」との間にはっきりと見て取ることができる運動能力の差の事。この現状を打開しようと文部科学省が日本体育協会に委託し、子供の発育段階に応じて身につけておくことが望ましい動きを習得する運動プログラムとして開発されたのが「アクティブ・チャイルド・プログラム(ACP)」。

当財団では令和元年11月23日(土/祝)に北条スポーツセンターで「アクティブ・チャイルド・プログラムin北条」を開催いたします。今回もこのプログラム作成に携わった青野博先生に様々な運動を指導して頂きます。たくさんのご応募お待ちしております。

 

 

 

 

 

◆アクティブ・チャイルド・プログラムin北条

【対象】 運動しても健康上問題のない小学1年生~4年生とその保護者 ※子どものみでも参加可(送迎は必要)

【日程】 令和元年11月23日(土/祝)

【会場】 北条スポーツセンター陸上競技場(雨天時/体育館)

【時間】 9:15~11:30(受付/8:45~9:15 開会式/9:15~9:30)

【定員】 150名(応募多数の場合は抽選)

【参加費用】 子ども1人500円(保険料込み)

【申込方法】 子ども氏名(ふりがな)・性別・生年月日・学年・郵便番号・住所・電話番号・保護者氏名・緊急時連絡番号をご記入の上、ハガキかメールでお申し込み下さい。

【申込住所】 〒799-2408 松山市大浦86番地1 北条スポーツセンター「アクティブ・チャイルド・プログラム係」

【申込メール】 houjou@cul-spo.or.jp

【申込期間】 令和元年11月11日(月)必着

【電話】 北条スポーツセンター TEL089-993-1900

 

「チームベスト記録3時間7分37秒」

キッズ, ジョギング | by okada
10月 16 2019 年

 

42.195キロ(城山公園内周回コース)を仲間と襷(たすき)をつないで走り抜く「マツヤマお城下リレーマラソン2019」に出場したカルスポキッズチーム。この大会に向けてトレーニングを積み重ねてきたメンバー13名が、前回大会(3時間17分37秒)のチームベスト記録を10分更新する3時間7分37秒(小学生の部第5位)で完走しました。

「3大会連続で出場したが今までで一番いい走りができた!」「来年に向けてキッズジョギング教室で練習を頑張りたい!」と感想をくれた子供たち。きっと今大会出場を通じて、今まで見た事のない景色を見る事ができ、そして今まで気付かなかったような新しい自分と出会えたのではないでしょうか。

当財団では未来ある子供たちに「スポーツを始めるきっかけ作り」「チャレンジすることの大切さ」「かけがえのない貴重な体験」を提供していきたいという思いで様々な教室やイベントを開催しています。これからもスポーツを通じて健康で元気な笑顔ある子供たちを育て、子供たちの夢や成長を応援していきたいと思います!

子供たちの大会参加にあたりご尽力いただきました、キッズジョギング教室の松本孝子コーチ、堀部奈津子コーチ、強風で砂埃が舞うなか最後まで子供たちを温かく見守ってくれた保護者の皆さん本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

「キッズニュースポーツイベント~タグラグビー・ドッヂビー・4コートバレーを体験しよう!~」

イベント案内, キッズ, コミセン | by okada
10月 16 2019 年

 

10月6日(日)に「キッズニュースポーツイベント(愛媛大学社会共創学部協働事業)」が松山市総合コミュニティセンター体育館サブアリーナで開催され、イベントに参加してくれた約60名の児童は、タグラグビー・ドッヂビー・キンボールの3種目で身体を動かす楽しさを体験しました。

誰でも、どこでも、いつでも容易に楽しめることを目的に新しく考案されたニュースポーツは、身体を動かす機会の少ない子どもさんや、運動に苦手意識を持つ子どもさんも楽しめます。次回は11月4日(月/振替休日)に開催いたします。たくさんのご応募お待ちしております。

 

◆キッズニュースポーツイベント~タグラグビー・ドッヂビー・4コートバレーを体験しよう!~

【対象】 小学1~6年生で運動しても健康上問題のない児童

【日程】 2019年11月4日(月/振替休日)

【時間】 13:00~16:30

【内容】 

▶タグラグビー/タックルのかわりに腰につけたタグをとる、子供向けの安全なルールで行うスポーツです。鬼ごっこに近いタグラグビーは男の子でも女の子でも遊び感覚で楽しくできます。2008年の学習指導要領の改訂で、小学校における体育授業の例示種目として指導要領解説に掲載されて以降、そのよさが多くの学校で認められ、現在では50%を超える数の小学校の体育授業で教えられるようになりました。

▶ドッヂビー/ソフトディスクを使用して行うドッジボール形式のゲームです。ソフトディスクを使用するため怪我が少ない一方で、短時間で運動量を確保できる種目であるため、日本中の小学校で授業やレクリエーションの教材として取り入れられています。

▶4コートバレー/十字に張ったネットをはさんで、4つのチームがボールを打ち合います。

【定員】 40名 ※応募多数の場合は抽選となります

【会場】 松山市総合コミュニティセンター体育館地下1階サブアリーナ

【参加費用】 500円(受講日にお納め下さい)

【準備物】 運動できる服装・屋内用シューズ・タオル・飲料水(ペットボトル等の蓋付きでお願いします)

【申込方法】 はがき、メール、松山市総合コミュニティセンター体育館に設置しております所定の申込用紙に必要事項(郵便番号・住所・氏名・電話番号・生年月日・年齢・学年・保護者氏名・緊急連絡先・イベント名を書いて)をご記入の上、お申込み下さい。

メールアドレスspo-promo@cul-spo.or.jp

【申込期間】 10月25日(金)必着。応募多数の場合は抽選となります。

【電話】 事業振興課 TEL089-909-6154

 

 

 

 

「空育(R)JAL折り紙ヒコーキ教室inコミセン」

イベント案内, キッズ, コミセン | by okada
10月 10 2019 年

 

10月5日(土)に「空育(R)JAL折り紙ヒコーキ教室inコミセン」が松山市総合コミュニティセンター体育館メインアリーナで開催され、イベントに参加してくれた約120名の児童は、JAL折り紙ヒコーキ認定指導員のアドバイスの下、ものづくりの面白さや、身体を動かす楽しさを体験しました。

折り方教室では「指の腹を使ってまっすぐ折ってください」「ここは爪楊枝1本分の隙間を空けましょう」など親切丁寧に作り方を教えてもらい、自作の紙ヒコーキがいかに長時間飛ぶかを競った滞空時間記録会では6秒以上飛んだ児童もおり、折り紙ヒコーキを通じて空への夢と交流の輪が広がるイベントとなりました。