アオサギと古代ハス


5月22日 火曜日

 

今日は、考古館の玄関前にアオサギが遊びに来ました。


ハスの水槽の中心にある、彫刻家の三上 浩さん(1944-1999)が制作された芸術作品の上で羽を休ませています。
お散歩をされている方の話では、池で魚が釣れるのを待っているのだそうです。

ハスのつぼみも少しずつ大きくなってきました。

小さなつぼみですが、早ければ来週くらいに開花するかも知れませんね。

ふんどう君
平成30年度 四国地区埋蔵文化財センター発掘へんろ展
『四国の彩り』 好評開催中です! 4月28日㈯~7月8日㈰
(コメントは受け付けていません。)