いにしへのえひめ、開催しています


 

 考古館では、9月4日(金)より

令和2年度愛媛県・松山市連携事業「いにしへのえひめ」展 を開催しています。

 

公益財団法人愛媛県埋蔵文化財センターが前年度に愛媛県内で発掘調査した遺跡の写真や出土品を紹介する展示会です。今回は西条市の北竹ノ下Ⅰ遺跡や紫宸殿遺跡、今治市の新谷古新谷遺跡2次調査や五十嵐大株遺跡および五十嵐鼻遺跡の調査成果を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●展示会の会期
令和2年9月4日(金) ~  10月25日(日)

 

●開館時間
9:00~17:00 (入館は16:30まで)

 

●休館日(会期中)
9月7日(月)・14日(月)・23日(水)・28日(月) ※21日(月・祝)は開館
10月5日(月)・12日(月)・19日(月)

 

●観覧料

無料(常設展示室は観覧料が必要)

 

●講演会
10月10日(土)13:30~15:00
内容:「中世の文房具」報告者:柴田圭子(愛媛県埋蔵文化財センター調査課長)
定員:40名
聴講:無料・事前申し込み・抽選:9月15日~9月30日必着

詳しくは考古館ホームページをご覧ください。

 

新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のため、今後も展示や催し物等が中止または延期等となる場合がございます。ホームページやお電話にてご確認くださいますようよろしくお願いいたします。ご理解のほど宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

(コメントは受け付けていません。)