今年初めての古代蓮が開花。


本年も考古館の「古代ハス」が咲き始めました。
その可憐な花は、6月9日に私たちの目を初めて引き付けました。

古代ハスのつぼみ

このつぼみは、5~6cmほどの大きさで、私の握りこぶしより少し小さいつぼみです。この後で花が開きますが、その前に心の準備をしているのでしょうか?


今年1輪目の古代ハス

今年1輪目の古代ハス

咲きました!


とうとう。今年の一輪目の花が咲きました。
さあ、これから七月下旬頃まで、ほぼ毎日、時折休みながら考古館の古代ハスは私たちの目を和ませてくれます。

つぼみは、これまでに71個見つかっています。さて、今年は何個の可憐な花を見せてくれるでしょうか?
古代ハスの花の宴が始まりました。 ぜひご来館下さい!

(コメントは受け付けていません。)