カテゴリーの過去記事: 出土物整理

出土物整理

「掘ったぞな松山2018」報告会1

投稿者| hajiki in 出土物整理, 展示会, 発掘調査・試掘調査 | コメントを残す

 『掘ったぞな松山2018』開催中。   「掘ったぞな松山2018」の第1回目の報告会を7月28日(土)13:30~15:30の間で行ないます。 今回は平成29年度に調査をした「祝谷大地ケ田遺跡8次調査」、「鶴 … Continue reading

「掘ったぞな松山2018」始まりました。

投稿者| hajiki in 出土物整理, 展示会, 発掘調査・試掘調査 | コメントを残す

                                                      『掘ったぞな松山2018』の展示が7月14日(土)より開幕   開催期間 平成30年7月14日(土)~ … Continue reading

掘ったぞな松山2018の準備作業②

投稿者| hajiki in 出土物整理, 発掘調査・試掘調査 | コメントを残す

                                                       掘ったぞな松山2018準備作業          こんにちは、還暦がちらついてきたtakatsukiです。平成 … Continue reading

掘ったぞな松山2018の準備作業①

投稿者| hajiki in 出土物整理, 発掘調査・試掘調査 | コメントを残す

                                                       掘ったぞな松山2018準備作業          こんにちはtakatsukiです。平成30年度の「掘ったぞな … Continue reading

鶴塚古墳

投稿者| hajiki in 出土物整理, 発掘調査・試掘調査 | コメントを残す

                                                       鶴塚古墳           こんにちはtakatsukiです。平成30年の2月~3月の間に平井町にある「鶴塚 … Continue reading

情報館の展示2

投稿者| kidai in 出土物整理, 発掘情報展 | コメントを残す

前方後方墳(祝谷9号墳)の周溝しゅうこうには付けてあった葺石ふきいしです。 四国で初めての出土です。 斎院さや烏山からすやま遺跡2次の調査現場から出土した状態を切り取って持ち帰っています。 展示ケースの中ではなく近くで見 … Continue reading

なぜ松山で“大分県姫島産黒曜石”が発掘されるのか?

投稿者| magatama in 出土物整理, 発掘調査・試掘調査 | なぜ松山で“大分県姫島産黒曜石”が発掘されるのか? はコメントを受け付けていません

黒曜石とは、一般的に、酸性の火山岩に伴う黒~暗色系の火山ガラスのことです。割れ口が鋭いことから、旧石器時代~弥生時代には打製石器の材料のひとつとして重宝されていました。ところが、松山の遺跡から発掘される黒曜石には透明度の … Continue reading

南江戸上沖遺跡出土金属製品

投稿者| doguu in 出土物整理 | コメントを残す

写真の金属製品は南江戸上沖遺跡から出土したものです。 全体を錆で覆われているため器種は解りません。現在、この錆の除去を、小型のグラインダーを使って行っています。錆を取り除き器種が判明しましたら、また写真を投稿したいと思い … Continue reading

石庖丁の素材獲得法をイメージできる常設展示品

投稿者| magatama in 出土物整理, 文化財 | コメントを残す

松山市考古館の常設展示品のなかには、実物大に復元された竪穴建物内で石庖丁に常用される砥部の青石(=緑色片岩)を割るモデルがあります。 円形の竪穴建物内の炉のかたわらでは、男性(このイエの主かな?)が掌大の緑色片岩を作業用 … Continue reading

土器の実測で活躍する真弧(まこ)

投稿者| hajiki in 出土物整理 | コメントを残す

 当埋蔵文化財センターでは、遺跡の発掘調査で出土した土器・石器・金属製品・木製品などや、時には人骨などを測量して図面に記録する作業を日々行っています。  今回は、この中でも出土量の豊富な土器の測量作業で使う道具の「真弧」 … Continue reading