2016年10月の星空ガイド

     このページは、その月に見える星座、天体、天文現象などを紹介するページです。
下記をクリックすると10月の星空を見ることができます。

10月の星空

 月の満ち欠け      
1日(土)  8日(土)  16日(日)  23日(日)   31日(月)
新月   上弦 満月  下弦  新月 
星を見るのに
絶好のチャンス 
夕方南の空に
月が見える 
月明かりで夜空が明るく
星が見つけにくい 
明け方南の空に
月が見える 
星を見るのに
絶好のチャンス 

     
惑星の動き
水星 金星 火星 木星 土星
見える方向 初旬の明け方
東の低い空
夕方の
南西の低い空
夕方南西の空 太陽に見かけ上近く
見つけるのは難しい
夕方の
南西の低い空
見える星座 しし座 てんびん座〜
へびつかい座
いて座 ----- へびつかい座
明るさ -1等星 -4等星 0等星 ----- 0等星

    今月の天文現象
    4日(火)、夕方、西の空で、月と金星が並んで輝く 
   4日(火)、夕焼けが残る18時30分ころ、南西のたいへん低い空を見ると、月が輝きます。この月のすぐ下側に見られる明るい星が、金星です。空が暗くなるころには沈んで見えなくなるので、早めにご覧ください。
 
   6日(木)、夕方南西の空で、月と土星が並んで輝く 
   20時ころ、月が南西の空に輝きます。このすぐ下に見える星が、土星です。それほど明るい星ではありませんが、月が目印になりすぐに見つかるでしょう。

   8日(土)、夕方南西の空で、月と土星が並んで輝く 
  土星との接近を終えた月は、2日後の8日(土)の夜、火星と並んで輝きます。火星は土星と同じくらいの明るさですが、オレンジ色の輝きが特徴です。場所は、月の少し下側になります。

   22日(土)、オリオン座流星群が極大
  22日(土)〜23日(日)の明け方、オリオン座流星群が極大を迎えます。流星群の流星は、彗星がまき散らしたチリが地球に飛び込んでくる時に光って見えるものです。

  この流星群は、有名なハレー彗星がまき散らしたチリが元となっています。このため、毎年安定した数の流星が見られます。オリオン座流星群は、流れるスピードが速いのが特徴です。ただ明るいのがあまりなく、2等〜3等くらいの流星が多くなる傾向があります。 

  極大を迎えるのは22日の深夜から23日の明け方です。オリオン座は22時くらいに東の空から昇ってくるのですが、オリオン座が低い時には、あまり見ることができません。多くなるのは、23日の明け方近くになってからでしょう。なお、この流星群は、極大のころが長く、20日〜25日くらいまで続きます。よって、必ず23日の明け方に見なくても、他の近くの日でも見ることができるのです。 

  なお、今年は、極大のころにオリオン座近くに明るい月が輝き、絶好のよくありません。このため、実際に見える数は、空の条件の良い郊外で、1時間あたり5〜10個程度。松山市内では、1時間あたり数個程度でしょう。明け方は、冷え込む時期ですので注意してご覧下さい。

   30日(日)、夕方の南西の低い空で、金星と土星が並んで輝く

   夕方の南西の低い空に、土星と金星が輝きます。月初めはかなり離れていますが、しだいに接近していきます。最も近づくのは、30日(日)ころです。金星は大変明るいのですぐに分かりますが、土星は少し暗いので、注意深く探してください。
 見やすいのは、18時半ころです。高さが低いので、南西の方向に建物がないところでご覧ください。星の並びは、金星の右上に土星が輝いているように見えるでしょう。




   ※画像の一部は、 アストロア−ツステラナビゲ−タ−Ver7を使用しています。