公益財団法人 松山市文化・スポーツ振興財団

コスモシアター

コスモシアターは、四国最大級のプラネタリウムです。頭上を取り巻くドームスクリーンは直径23メ ートル、プラネタリウム投影機などによる死角をつくることなく、どの席からでもよく見えるように、約30度傾いた構造になっています。 なお、座席数は280席あり、松山市内の学校団体の理科の学習にもよく利用されています。

コスモシアターのプラネタリウム投影機は、五藤光学製のGSS1型投影機です。投影できる星は、明るさで約7.5等級、約25,000個の星を映し出すことができます。
もちろん、美しい天の川や変光星、明るいものなら星雲星団もほぼ肉眼で見たイメージで表現することができます。

上映番組

※貸館による番組中止

  12/8(土)(終日)、12/9(日)(終日)、12/16(日)(終日)、12/24(月・振)(終日)

 

上映番組開始時間帯(貸館等により番組中止の場合があります)

★上映日にご注意ください

※貸館による番組中止

 12/8(土)(終日),9(日)(終日),16(日)(終日),24(月・振)(終日)

 

12月21日まで

開始

時刻

平日

土・日・祝

11

(団体予約)

ポケットモンスター

サン&ムーン プラネタリウム

13

忍たま乱太郎の宇宙大冒険

with コズミックフロント☆NEXT 太陽系のお友だちの段

14

ポケットモンスター サン&ムーン プラネタリウム

15

アースシンフォニー 光と水が奏でる空の物語

16

火・木

季節の星空 秋バージョン

水・金

バイオレント・ユニバース

季節の星空

秋バージョン

 

 

12月22日から1月6日まで

開始

時刻

22(土),23日(日),25日(火)

(24日は貸館のためお休み)

12/26~1/6

冬休み期間

11

プラネタリウム

はなかっぱ

花さけ!パッカ~ん 宇宙旅行

プラネタリウム

はなかっぱ

花さけ!パッカ~ん 宇宙旅行

13

忍たま乱太郎の

宇宙大冒険

with コズミックフロント☆NEXT
太陽系のお友だちの段

ポケットモンスター

サン&ムーン プラネタリウム

14

ポケットモンスター

 サン&ムーン プラネタリウム

プラネタリウム

はなかっぱ

花さけ!パッカ~ん 宇宙旅行

15

ネイチャーリウム

星の旅 世界編

ネイチャーリウム

星の旅 世界編

16

アースシンフォニー

光と水が奏でる空の物語

季節の星空

冬バージョン

 

1月8日から

開始

時刻

平日

土・日・祝

11

(団体予約)

プラネタリウム

はなかっぱ

花さけ!パッカ~ん 宇宙旅行

13

ポケットモンスター

サン&ムーン プラネタリウム

14

プラネタリウム はなかっぱ

花さけ!パッカ~ん 宇宙旅行

15

ネイチャーリウム 星の旅 世界編

16

火・木

季節の星空 冬バージョン

水・金

バイオレント・ユニバース

季節の星空

冬バージョン

 

  • 都合により変更する場合もございますので、ご了承ください。
  • 番組の途中でご入場はできません。開始5分前までには、入場券をお買い求めて入場をお願いいたします。
  • 入場券は各15分前から発売予定です。なお毎回入れ替えとなり、各回それぞれに入場券が必要となります。
各回入場料金
大人 400円
小人(4歳から中学生まで) 200円
  • 入場券の発売は、開始時間の15分前からとなります。また、開場は開始5分前の予定です。ただし、多客時はこれより前になる場合がございます。
  • 団体でのご利用の場合は、金額が異なります。詳しくは団体利用案内をご覧ください。
番組紹介
 
プラネタリウム はなかっぱ 花さけ!パッカ~ん 宇宙旅行
  • 全天周デジタル番組
  • 12月22日スタート(2019年12月20日まで)

<配給>コニカミノルタプラネタリウム株式会社

おまつりの夜、ちょっとあやしいくじ引き屋台で宇宙旅行を当てた、はなかっぱ。

すぐに宇宙旅行へ行こう!と、はなかっぱたちは宇宙船に乗り込みます。

はなかっぱたちが乗った宇宙船は、花が咲かない星・ナハナハ星からきた宇宙人、アポとソルのものでした!

二人は、自分たちの星をはなかっぱの力で花いっぱいにしてほしいというのです。

はるかかなたにあるナハナハ星に行く途中、はなかっぱたちはついでに宇宙旅行を楽しむことにしました。

はなかっぱたちと一緒に太陽系の惑星を見に行ったり、星座のお話を聞いたり、

“宇宙って、すっごく楽しい!”と思えるお話がたくさんつまったプラネタリウム番組です。

上映時間:約28分

 

 

ネイチャーリウム 星の旅 ー世界編ー
  • 全天周デジタル番組
  • 12月22日スタート(2019年12月20日まで)

<配給>コニカミノルタプラネタリウム株式会社

北半球から始まる旅。だんだん南半球に行くに従って風景とともに星空も変わっていきます。

やがて日本(北半球中緯度地域)からは見えない南十字や南半球ならではの星空が見えてきます。

観察緯度によって星空が変わるのはなぜか、天の川の正体は何かなどをCGパートでわかりやすく解説。

北米、ハワイ、オーストラリア、ウユニ、ニュージーランド。KAGAYAが3年かけて世界各地で撮影してきた星空映像満載の番組です。

上映時間:約28分

星の旅 予告編へ

 

ポケットモンスター サン&ムーン プラネタリウム
  • 全天周デジタル番組
  • 好評上映中(2019年7月12日まで)

<配給>コニカミノルタプラネタリウム株式会社
 明日(あす)は皆既(かいき)日食(にっしょく)が見(み)られるとっても珍(めずら)しい日(ひ)。

 この機会(きかい)を逃(のが)すと次(つぎ)にアローラで見(み)られるのは300年(ねん)以上(いじょう)先(さき)だという。

 それを聞(き)いたサトシ達(たち)は、マーマネと一緒(いっしょ)に日食(にっしょく)がみられる帯(おび)の中心部(ちゅうしんぶ)、エクリプス島(じま)へ!

 そこで日食(にっしょく)を追(お)いかけて世界中(せかいじゅう)を旅(たび)している“日食(にっしょく)ハンター”のフレッドと出(で)会(あ)い、一緒(いっしょ)に日食(にっしょく)観測(かんそく)をすることに。

 しかし、当日(とうじつ)の天気(てんき)はなんとあいにくの曇(くも)り空(ぞら)…。

 サトシ達(たち)は雲(くも)の上(うえ)なら確実(かくじつ)に日食(にっしょく)が見(み)られるはずだと、山頂(さんちょう)を目指(めざ)すことにした。

 一方(いっぽう)、ロケット団(だん)も日食(にっしょく)のときに現(あらわ)れるという珍(めずら)しいポケモンをゲットするため、キテルグマの巣(す)を抜(ぬ)け出(だ)してきた。

 ついでにピカチュウもゲットしようと、山頂(さんちょう)へと急(いそ)ぐサトシ達(たち)の目(め)の前(まえ)に立(た)ちはだかるロケット団(だん)! そうこうしているうちに日食(にっしょく)が始(はじ)まってしまった!

  果はたしてサトシ達(たち)は日食(にっしょく)を見(み)ることができるのか!?

 ゼンリョクで見逃(みのが)すな!太陽(たいよう)と月(つき)が奏(かな)でる“奇跡(きせき)の瞬間(しゅんかん)”

上映時間:約29分

忍たま乱太郎の宇宙大冒険 with コズミックフロント☆NEXT 太陽系のお友だちの段
  • 全天周デジタル番組
  • 好評上映中(平成30年12月25日まで)

<配給>株式会社 D&Dピクチャーズ
ある夜、満天の星空を見上げる乱太郎、きり丸、しんべヱ。そこにドクタケの八方斎が、アヒルさんボートを盗みにやってきます。すると突然、流れ星が八方斎に激突!衝撃で八方斎は宇宙に詳しい「八方星」へと変わってしまいました。アヒルさんボートもいつの間にか宇宙船へと変わり、みんなで宇宙へと飛び出すことに…!ハラハラドキドキの大冒険の始まりです!

上映時間:約25分

アースシンフォニー 光と水が奏でる空の物語
  • 全天周デジタル番組
  • 好評上映中(平成30年12月25日まで)

<配給>株式会社 五藤光学研究所
オーロラ、流星群、雪や雲。地球を包む大気が起こす美しい現象をドームスクリーンで体感しましょう。人気声優アーティスト水樹奈々が、癒しのナレーションで空の物語へと誘います。巡る季節の星空を壮大で心地よい音楽とともにお楽しみください。

上映時間:約27分

アースシンフォニー 予告編へ

©Evans & Sutherlands

バイオレント・ユニバース
  • 全天周デジタル番組
  • 好評上映中(2019年12月20日まで)

<日本語訳・配給>©五藤光学研究所
時に想像を絶する程の破壊をもたらす大宇宙。その荒々しい素顔を迫力のCGで描きます。ひとたび起きてしまえば人類を滅亡に追い込むほどの宇宙の大変動とはどのような現象なのか。星間塵による地球寒冷化、超新星爆発の衝撃波、ブラックホールの接近、隕石衝突、ガンマ線バーストの直撃などをわかりやすく紹介していきます。

上映時間:約23分

 
季節の星空
  • デジタルプラネタリウム
  • 好評上映中(通年)

四季それぞれの見られる星や星座をデジタル映像で紹介していきます。 番組は、春、夏、秋、冬の4種類あり、季節ごとに変わっていきます。

春…3~5月、夏…6~8月、秋…9~11月、冬…12~2月

上映時間:約35分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観望会のお知らせ

観望会のお知らせ

 料金:1人200円(4歳以上)(雨天・曇天時は中止となります。ご了承ください。)

★下半期

 ・12/15(土)17:30~19:00 月と火星を見よう

 ・1/  6(日)  8:40~11:20 部分日食を見よう(無料)

 ・1/26(土)18:30~20:00 冬の星を見よう

 ・2/16(土)18:30~20:00 月と冬の星を見よう

 ・3/23(土)19:00~20:30 冬の星を見よう

 

 

団体利用案内

コスモシアターでは、団体でのご利用を承っております。学校行事などに是非ご活用ください!

ご利用料金について
団体利用の扱い
原則として、4才以上の方が10名以上にさせていただきます。
※学校団体などが学校の行事でご利用される場合は、10名以下でもご利用できますので、お問合せください。
ご利用可能時間帯
平日の9:00から17:00(学校の長期休暇を除く)
ご利用料金
団体専用利用の「幼児用番組」「学習用番組」につきましては、お問合せください。
一般番組は下記の割引料金でご利用になれます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人数 大人 小人 割引率
30~49人まで 360円 180円 1割
50~99人まで 320円 160円 2割
100人以上 280円 140円 3割

 

ご利用にあたっての注意事項
  • 団体でご利用の場合は、1週間前までに、事前にお電話でご予約をお願いいたします。
  • 団体予約受付は先着順に行っております。番組内容や開始時間は、先着順に決定いたします。
  • 人数が多い場合、入退場に時間がかかる場合がございます。ご利用の15分前までには、到着するようにご計画ください。
  • 都合により、他の団体のお客様と、同時にご利用いただくことがありますのでご了承ください。
  • 貸し切りバスで、ご利用する場合は、駐車場に限りがございますので、事前にご予約ください。
  • 電子メールでの団体予約はうけつけておりませんので、あらかじめご了承下さい。
投影番組
 
幼児用プラネタリウム番組はこちら
  • 全天周デジタル番組

これからご紹介するプラネタリウム番組は、幼稚園児、保育園児、小学校低学年児童を対象にした作品です。
これらの作品は、 楽しいキャラクターが登場し、星の世界などをわかりやすく案内する、こどもたちの情操教育が高められる内容になっています。

 
学習用プラネタリウム番組はこちら
  • 全天周デジタル番組

コスモシアターではこどもたちの理科教育のお役に立てるよう、学習用番組の投影も行っております。
学校の授業中では扱づらい天体も、プラネタリウムを使えば、視覚、感覚の両面から天体、星というものをとらえることができ、学習効率の向上が望めます。これからご紹介する学習用番組は、難しいことにかたよることなく、こどもたちが興味をもって見れるような内容になっています。

貸館案内

コスモシアターは広く皆様にご利用いただけるよう、貸館も行っております。

※なお、プラネタリウム番組の投影などで使用できない場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

活用例
  • アマチュア音楽愛好家による演奏会
  • 音楽教室の発表会
  • 小規模なコンサート
  • ビデオ映像を活用した各種講演会、セミナー、研修会
  • 総会などの各種会合
料金表