松山市考古館
〒791-8032 愛媛県松山市南斎院町乙67番地6
電話(089)923-8777
考古館について 展示室案内
展示室案内
展示室案内

◆おススメコンテンツ!

  • 年間スケジュール
  • 開館日・休館日カレンダー
  • 発掘調査で見つかった貴重な出土品!
  • 考古館職員が綴る花だよりブログ
  • やさしい考古学講座

◆関連施設

  • 松山市考古館
  • 〒791-8032
  • 松山市南斎院町乙67番地6
  • 電話(089)923-8777
  • FAX(089)925-0260

メールでのお問合わせはこちらから>>

書籍のお知らせ

松山市文化財調査報告書92
『愛媛県松山市葉佐池古墳 2003』
 完売しました。

愛媛県松山市葉佐池古墳の第一次調査および第二次調査の発掘調査報告書。

本書は、松山市教育委員会が、平成5年から平成14年度まで国庫補助金等によって発掘調査および整理作業等を実施してきた成果をまとめた報告書です。
 平成4年、松山市東南部の丘陵上で偶然発見された「葉佐池古墳」も、その発見から10年の月日が経過しました。後に1号石室と呼ばれることになった横穴式石室には、見るものが目を疑うほど良い状態の木棺が遺されており、松山市民のみならず全国的にも大きな注目をあびました。
 平成5年から実施された「第1次調査」では、横穴式石室での埋葬の実態が生々しく浮かび上がってくるとともに、この古墳が思いもかけず大規模な前方後円墳であることがわかり、広くマスメディアをにぎわせました。
 続く「第2次調査」では後円部の2号石室が調査され、その結果、誰もが想像さえしなかった貴重な埋葬の一例を目のあたりにすることとなりました。
 今回、その調査データの整理や、種々の分析・処理にもひと区切りがつき、調査成果を公開できるはこびとなりました。これも、ご指導いただきました調査委員会をはじめとする各方面の先生方、また、調査にあたって多大なご協力をいただいた地区住民の方々のご支援の賜と、心より厚くお礼申し上げます。
「葉佐池古墳」は、その遺構・遺物のすべてにおいて、保存・活用を図っていくべき貴重な文化遺産です。今後とも、保存整備へ向けて関心を持ち続けていただくとともに、引き続きよろしくご指導たまわりますようお願い申し上げます。

序 より


本 文 目 次

第I章 環 境
  • 1.地理的環境
  • 2.歴史的環境
第Ⅱ章 調査の経過
  • 1.調査に至る経緯
  • 2.1次調査
  • 3.2次調査
第Ⅲ章 墳丘と遺構の配置
  • 1.調査の方針と方法
  • 2.発掘区の設定
  • 3.墳形と規模
  • 4.墳丘出土の遺物
  • 5.小 結
第Ⅳ章 1号石室の調査
  • 1.発掘区の設定
  • 2.前庭部と墓道
  • 3.前庭部出土遺物
  • 4.横穴式石室の構造
  • 5.木棺・人骨・副葬品
第Ⅴ章 2号石室の調査
  • 1.墳丘調査と予備調査
  • 2.前庭部の調査
  • 3.横穴式石室の構造
  • 4.玄室内の状況
  • 5.出土遺物
第Ⅵ章 自然科学分析と保存処理
  • 1.葉佐池古墳石室出土の木棺材の保存修理
  • 2.木棺の樹種と年輪年代学的検討
  • 3.松山市葉佐池古墳2号石室出土ガラス玉の科学的調査
  • 4.葉佐池古墳から出土した繊維遺物の材質分析
  • 5.葉佐池古墳出土の赤色顔料とその関連遺物
  • 6.松山市、葉佐池古墳から出土した藁状灰化物について
  • 7.愛媛県松山市葉佐池古墳出土の動物遺存体
  • 8.葉佐池古墳出土人骨
第Ⅶ章 考 察
  • 1.墳丘と各遺構の関係
  • 2.墳丘構築途上に行われる儀礼
  • 3.古墳と横穴式石室の年代
  • 4.埋葬行為と横穴式石室
  • 5.1号石室における木棺と埋葬
  • 6.2号石室の状況について
  • 7.葉佐池古墳の被葬者について
  • 8.人骨および付着ハエ囲蛹殻からみた殯(もがり)について
第Ⅷ章 結 語
  • 1.葉佐池古墳における築造から葬送まで
  • 2.葉佐池前方後円墳とその意味
  • 3.葉佐池古墳の石室構造の特徴とその系統

愛媛県松山市 葉佐池古墳 2003

  • 価格:2,800円
  • 規格:A4判・全340ページ
  • 重量:約 1.6kg
  • 発行:平成15年(2003)
  • 編集発行:松山市教育委員会・(財)松山市生涯学習振興財団埋蔵文化財センター
  •  

【販売方法】
※現在、販売しておりません。

直接販売
※現在、販売しておりません。

郵送販売
※現在、販売しておりません。



注文書のダウンロードはこちら

Copyright © 公益財団法人 松山市文化・スポーツ振興財団 松山市考古館 All Right Reserved.
(ホームページ上で使用する写真・情報の掲載等に関する一切の権限は松山市教育委員会にあります)