公益財団法人 松山市文化・スポーツ振興財団

平成30年度行事予定

2018年6月15日 更新

行事予定は随時更新します

特別展示室 企画展(無料)

四国地区埋蔵文化財センター

発掘へんろ展

「四国の彩り」

 4月28日(土)~ 7月 8日(日)

四国内の発掘調査で見つかった、あまり目にしない金色、赤色など様々な色の出土物を展示・紹介します。
展示解説会  
古墳時代~明治時代の解説 6月16日(土)13時30分~15時00分
ギャラリートーク  

 学芸員が展示会場に同行して展示品の解説をします。

 

午前・午後の2回

午前の部  9時30分~10時00分

午後の部 13時30分~14時00分

 

6月23日(土)・24日(日)

古代体験教室  

石勾玉いしまがたま)づくり

10時~16時 参加費300円(材料代)

「四国の彩り」のテーマに合わせて 

   白・ピンク・黒から選んで勾玉を作ってみよう

ギャラリトーク連動企画

6月23日(土)・24日(日)

マリングラスづくり

6月23日(土)

10時~16時 参加費500円(材料代)

 

愛媛県・松山市連携事業

速報展

「掘ったぞな松山2018」

7月14日(土)~ 9月 2日(日)
松山城三之丸跡20次調査出土の陶磁器など平成29年度の発掘調査で出土した考古資料や、船ケ谷遺跡5次調査出土の金色に輝く耳飾りなど、平成29年度刊行の調査報告書に掲載した考古資料を展示します。
講演会  

「出土人骨は語る~ホネからわかること~」(仮)

   土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム名誉館長  松下孝幸 氏

7月14日(土)10時00分~12時00分
  先人たちを埋葬した遺跡等から出土した「人骨」からわかることとは? 興味深いお話が聞けます。
報告会  
「掘ったぞな松山2018」報告会① 7月28日(土)13時30分~15時30分
  「祝谷大地ヶ田遺跡8次調査」及び新たに発見された前方後円墳「鶴塚古墳」の発掘調査成果について、写真などを交えながら発掘担当調査員がわかりやすく報告します。
「掘ったぞな松山2018」報告会② 8月25日(土)13時30分~15時30分
  「別府遺跡3次調査」(河野別府)及び「松山城三之丸跡20次調査」の発掘調査成果について、写真などを交えながら発掘担当調査員がわかりやすく報告します。

ページトップ↑

考古館 ロビー展(無料)
発掘情報展 持田本村遺跡2次調査 4月28日の調査説明会で出展した出土品・写真パネル等
祝谷大地ケ田遺跡6次調査出土 馬形埴輪

前方後円墳の周溝から出土した馬形ハニワ(68㎝×63㎝)を展示中

周溝の石積みの展示は 文化財情報館ロビーでご覧になれます。

大連古代蓮(だいれんこだいはす)展

蓮と飛鳥との意外な関連性がわかります

ページトップ↑

考古館 古代体験教室
石勾玉いしまがたま)づくり 10時~16時 参加費300円(材料代)
 

ギャラリトーク連動企画

6月23日(土)・24日(日)

マリングラスづくり

6月23日(土)

10時~16時 参加費500円(材料代)

   

 

「茜染め」(あかねぞめ)

7月31日(火)

10時~12時 参加費300円(材料代)

定員 35名(事前申し込み)

     応募者多数の場合は抽選となります

夏休み期間中の小学生以上を対象にした古代体験教室です。夕日の色にも例えられる茜色。根っこが赤いことから名づけられたとされる植物の茜を使って、ハンカチ等を染めてオリジナルの染物に仕上げましょう。
「藍染め」(あいぞめ)

7月31日(火)

13時30分~15時30分 参加費400円(材料代)

定員 35名(事前申し込み)

応募者多数の場合は抽選となります

夏休み期間中の小学生以上を対象にした古代体験教室です。「青は藍より出でて藍より青し」ということわざがありますが、藍染めの青い色は、「ジャパンブルー」として世界に知られるほど深く鮮やかな日本を代表する色です。藍の葉から採れる染料を使って、ハンカチ等を染めてオリジナルの染物に仕上げましょう。
黄蘗染め(きはだぞめ)

8月 2日(木)

10時~12時 参加費300円(材料代)

定員 30名(事前申し込み)

応募者多数の場合は抽選となります

夏休み期間中の小学生以上を対象にした古代体験教室です。キハダはミカン科のキハダの黄色い樹皮の煎汁で染めた明るい黄色のことで、奈良時代にもその名が見られる古い色です。キハダのやさしい黄色の染料を使って、ハンカチ等を染めてオリジナルの染物に仕上げましょう。

古代体験教室

「ガラス勾玉を作ろう」

8月22日(水)

① 9時30分~12時00分

②13時30分~16時00分

        参加費500円(材料代)

定員 各回20名(事前申し込み)

応募者多数の場合は抽選となります

夏休み期間中の小学生以上を対象にした古代体験教室です。土で作った鋳型の中にガラス粒を入れて七輪の炭火で溶かし、紙やすりで磨いてオリジナルのガラス勾玉を作ります。
『ふんどう君ペンダント作り』 通年

ページトップ↑

考古館 講座・セミナー

わかりやすい考古学講座

「発掘松山の遺跡Ⅷ」

毎月第2土曜日 10時00分~11時30分

(1月は第2土曜日・遺跡見学等は変更の場合あり)

受講料 1,000円

 毎月第1土曜日(1月は第2土曜日・遺跡見学等は変更の場合あり)に開催する年間10回の講座です。松山の歴史について市内の発掘調査成果から詳しく紹介します。実際に土器等の遺物を手に触れたり、発掘している現地での講座等で体感しながら楽しく学べます。今年度は北条地区の遺跡について学びます。

 7月は2回目となり「松山・北条と都(奈良・京都)~木簡などから~」について学びます。

松山の歴史を学ぼう

「はじめての考古学講座」

8月17日(金)~9月14日(金)

毎週金曜日 10時~11時30分

受講料 500円(5回分)

定 員  30名

8月17日~9月14日n毎週金曜日に開催する5週連続の講座。松山市内の遺跡や歴史について基礎用語から分かりやすく紹介します。

これで、松山をもっと好きになる!

愛媛県・松山市連携事業

「歴史バスツアー①」(親子考古学講座)

8月 3日(金) 9時~17時

参加料 1人1,500円

定 員 40名(事前申し込み)

     応募者多数の場合は抽選となります

 夏休み期間中の小学生以上を対象とした歴史バスツアー(親子考古学講座)です。【小中学生は保護者の参加が必要です】

 松山市考古館をバスで出発し、今治道路建設予定地の遺跡調査現場でミニ発掘体験を行います。あなたが貴重な遺物を発見するかも?

 同時に海水が引かれた広大な堀や、城内の港として国内最大級の船入を備えた日本屈指の海城であった「今治城」を見学します。

 大人の方だけでも参加できます。

愛媛県・松山市連携事業

「歴史バスツアー②」

8月19日(日) 9時~17時

参加料 1人1,500円

定 員 40名(事前申し込み)

応募者多数の場合は抽選となります

 松山市考古館をバスで出発し、西予市の「愛媛県歴史文化博物館」で開催中のテーマ展「縄文時代の精神文化」を学芸員の詳しい解説付きで見学します。

 

 

 同時に鬼北町にある縄文後期(3,000年前)の県史跡「岩見遺跡」の見学をします。広見川でのハヤ、ナガエバ、ウナギなどの豊漁を祈念した祭祀遺構と考えられている遺跡です。

ページトップ↑

考古館 ロビーコンサート
箏(こと)コンサート  
 

7月 9日(日) 15時00分~15時30分

 

8月19日(土) 15時30分~16時00分

 

9月 9日(日) 15時30分~16時00分

ページトップ↑

考古館 休館日 
 6月 4日(月)・11日(月)・18日(月)・25日(月)
 7月 2日(月)・ 9日(月)・17日(火)・23日(月)・30日(月)
 8月 6日(月)・13日(月)・20日(月)・27日(月)
 9月 3日(月)・10日(月)・18日(火)・25日(火)
10月 1日(月)・ 9日(火)・15日(月)・22日(月)・29日(月)
11月 5日(月)・12日(火)・19日(月)・26日(月)

ページトップ↑

埋蔵文化財センター 発掘調査情報
別府遺跡4調査  7月頃より(予定)
筋違S遺跡調査  7月頃より(予定)

ページトップ↑