公益財団法人 松山市文化・スポーツ振興財団

松山市埋蔵文化財センター30周年記念 令和元年度特別展のご案内

2019年10月28日 更新

令和元年度 特別展「えっ!? まつやまに前方後円墳?」

30周年記念特別展

 


●展示会の会期
令和元年11月1日(金) ~  令和2年1月19日(日)
●展示会の会場
松山市考古館 
●開館時間
9:00~17:00 (入館は16:30まで)
●休館日
11月5日(月)・11日(月)・18日(月)・25日(月)
12月2日(月)・9日(月)・16日(月)・23日(月)・29日・30日・31日
 1月1日・2日・3日・6日(月)・14日(火)
●観覧料
常設展の観覧券が必要(一般100円、65才以上50円、団体(20人以上)80円(高校生以下無料)が必要です)
11月1日~4日は30周年を記念して見学無料!
●概要
松山市埋蔵文化財センター・松山市考古館開館30周年を記念し、近年の発掘調査でその特徴が明らかとなってきた松山の前方後円墳について展示紹介します。会期中には講演会やパネルディスカッションを開催し、古墳時代から飛鳥時代の松山について再検討します。
●主催
公益財団法人松山市文化・スポーツ振興財団 埋蔵文化財センター(松山市考古館)
●考古館
「古代体験イベント」
11月10日(日) 10:00~16:00 当日受付:受付は9:30~

①火おこし名人決定戦(無料)

舞ギリ式の火おこし道具を使って火だねをつくり、おがくずに火をつけるまでの時間を競います。
※挑戦は一人1回限り。考古館の道具を使用すること。

②石勾玉づくり(1個300円)

③ねんどで土器・ハニワづくり(1個400円)

・・・など
※各体験は、材料がなくなりしだい終了します。

●【公開講座】
日 時:①12月7日(土)・②1月18日(土) 13:30~15:00(当日の観覧券必要)

内 容:①展示品について詳しく解説・②近年の発掘調査成果とその意義について解説

講 師:①山内 英樹(松山市教育委員会)、②梅木 謙一(松山市考古館長)

●【基調報告・講演会・パネルディスカッション】
日 時:12月14日(土) 13:00~16:00(当日の観覧券必要)

【基調報告】

「松山平野の前方後円墳」

報 告:山内 英樹(松山市教育委員会)

【講演会】

「四国の後期古墳」

講 師:大久保 徹也 先生(徳島文理大学教授)

【パネルディスカッション】

「松山の古墳時代・飛鳥時代」

皆様のご来館をお待ちしております。

松山市考古館
分銅くん