公益財団法人 松山市文化・スポーツ振興財団

展示会「発掘 松山の至宝」後期展 開催のご案内

2021年1月17日 更新

特別展『発掘 松山の至宝』後期展

 

 


●展示会の会期
令和3年2月6日(土) ~  3月21日(日)
●展示会の会場
松山市考古館
●開館時間
9:00~17:00 (入館は16:30まで)
●休館日(会期中)
2月8日(月)・12日(金)・15日(月)・22日(月)・24日(水)
3月1日(月)・8日(月)・15日(月)
●観覧料
一般100円、65歳以上50円、団体(20人以上)80円、高校生以下無料
●概要
令和2年度の特別展は、市内出土の優品を集めた展示会『発掘 松山の至宝』を前期・後期に分けて開催します。後期展では飛鳥時代~江戸時代の貴重な考古資料「松山の至宝」を展示し、さらに弥生時代のマツリに用いられた分銅形土製品・平形銅剣・絵画土器や、古墳時代の水辺のマツリに使われた道具など「マツリ」をテーマとした展示会を開催します。
●主催
公益財団法人松山市文化・スポーツ振興財団(埋蔵文化財センター)
●共催
松山市教育委員会
●展示解説会
2月20日(土)13:30~15:00
内容:当館学芸員がスライド等を使って展示品や展示会について詳しく解説します。
定員:40名
聴講:展示会観覧券が必要(高校生以下無料)事前申し込み(抽選):1月15日~2月9日必着
 件名は「松山の至宝 2月20日・展示解説会」、本文に参加者全員の郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・年齢・電話番号を記入して、①電子メールでkoukokan@cul-spo.or.jpまで。②ハガキで〒791-8032松山市南斎院町乙67番地6 松山市考古館「松山の至宝 2月20日・展示解説会」まで。
●講演会
3月20日(土)13:30~15:30
内容:「平形銅剣を用いた祭祀(マツリ)」講演吉田 広 先生(愛媛大学ミュージアム准教授)
定員:40名
聴講:展示会観覧券が必要(高校生以下無料)事前申し込み(抽選):2月15日~3月9日必着
 件名は「松山の至宝 3月20日・講演会」、本文に参加者全員の郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・年齢・電話番号を記入して、①電子メールでkoukokan@cul-spo.or.jpまで。②ハガキで〒791-8032松山市南斎院町乙67番地6 松山市考古館「松山の至宝 3月20日・講演会」まで。

皆様のご来館をお待ちしております。

新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のため、今後も展示や催し物等が中止または延期等となる場合がございます。ホームページやお電話にてご確認くださいますようよろしくお願いいたします。ご理解のほど宜しくお願いいたします。

 

松山市考古館
分銅くん