展示会「いにしへのえひめ」を開催します


11月16日 木曜日

 考古館では、明日11月17日(金)より

平成29年度愛媛県・松山市連携事業「いにしへのえひめ」展 を開催します。

 

展示会では、昨年度に愛媛県埋蔵文化財センターが発掘調査を行った伊予市高見Ⅰ遺跡と今治市新谷古新谷遺跡から出土した土器や石器、木製品などを展示します。


展示会場の様子を少しだけ紹介します。

会場入口付近の様子です。こちらには新谷古新谷遺跡からみつかった木製品の一部を展示しております。

会場(特別展示室)の中はこのような感じです。

新谷古新谷遺跡から出土した土器をご覧になることができます。

せまい室内ですが、奥にすすむと・・・

新谷古新谷遺跡出土の器台や、高見Ⅰ遺跡からみつかった旧石器時代の石器をご覧になることができます。

●会期
平成29年11月17日(金)~平成30年1月14日(日)
●会場
松山市考古館 特別展示室
●開館時間
9:00~17:00 (入館は16:30まで)
●休館日
11月20・24・27日
12月4・11・18・25・29・30・31日
1月1・2・3・9日
●観覧料
無料(常設展示室の観覧は有料)

【報告会】
①11月18日(土)13:30~15:30
「高見Ⅰ遺跡の調査」 報告:沖野 実さん(愛媛県埋蔵文化財センター調査員)
②1月13日(土)13:30~15:30
「新谷古新谷遺跡の調査」 報告:石貫 弘泰さん(愛媛県埋蔵文化財センター調査員)
(当日受付・聴講料無料)

【講演会】
12月16日(土)13:30~15:30
演題:「瀬戸内地域の旧石器人の暮らし」
講師:氏家 敏之 先生(徳島県埋蔵文化財センター)
(当日受付・聴講料無料)

皆様のご来館をお待ちしております。

(コメントは受け付けていません。)