古代ハスについて


中国大連市から寄贈された古代ハスについて

平成8年1月19日、中華人民共和国大連市観光訪問団が松山市を表敬訪問された際に、大連市観光局長の張宏安氏からハスの種子を贈呈されました。

古代ハス

古代ハス

この種子は、大連市の遺跡で出土した約1000年前の古代ハスの種子で、寄贈された後は松山市農業指導センターにて育成していました。
平成10年4月以降は農業指導センターから株分けされた根を松山市考古館で管理・育成しています。

これまでの生育状況は、茎や葉が大きく生育するとともに、ほぼ毎年可憐で美しい花を咲かせています。
花の寿命は開花後2、3日で、咲いている時間は午前6~11時頃です。11時以降になると、閉じてしまい、また翌日の午前中に開花します。

古代ハスの開花にあわせて、考古館ロビーでは無料で『古代の蓮(ハス)パネル展』のコーナーを設置していますので、ご観覧ください。