投稿者の過去の記事1: hajiki

埋蔵文化財センターの仕事について【写真の撮影】

投稿者| hajiki in その他, 出土物整理, 報告書作成 | 埋蔵文化財センターの仕事について【写真の撮影】 はコメントを受け付けていません

 こんにちは、スタジオです。  今回は、遺跡から出土した土器などを写真で記録する仕事についてご紹介します。  調査で出てきた遺物は、洗浄・復元の後、図面や写真、文章などでしっかり記録します。時には消失することもある物の姿 … Continue reading

埋蔵文化財センターの仕事について【土器の実測】

投稿者| hajiki in その他, 出土物整理, 報告書作成 | 埋蔵文化財センターの仕事について【土器の実測】 はコメントを受け付けていません

前回お伝えした接合作業に続いて、今回は、遺跡から出土した土器などを図面にし、記録する仕事についてご紹介します。 この作業のことを「実測(じっそく)」といいます。 土器についての情報を分かりやすく、客観的に伝えるため、図面 … Continue reading

埋蔵文化財センターの仕事について【土器の復元】

投稿者| hajiki in お知らせ, 出土物整理, 報告書作成 | コメントを残す

こんにちは。復元室です。  私たちの部屋には、松山市内で発掘された土器が(ほとんどがバラバラに割れた状態)で運ばれてきます。  その一つひとつを元の状態に復元していきます。  接合できるものを探しだして・・・ このような … Continue reading

埋蔵文化財センターの仕事について

投稿者| hajiki in お知らせ, その他, 出土物整理, 報告書作成 | コメントを残す

 これから数回に分けて、松山市埋蔵文化財センターで行っている仕事について、少しずつご紹介したいと思います。  屋外の「発掘調査」について注目されることが多いのですが、埋蔵文化財センターでは「発掘調査」以外にも、遺跡から見 … Continue reading

松山城三之丸跡23次調査の成果

投稿者| hajiki in 現地説明会, 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 昨年度調査(22次調査)の東、園路を挟んだ地点を調査した結果、三之丸北御門の東袖を構成する石垣を計4基、新たに検出しました。門の礎石を確認することはできませんでしたが、門と北土塁が接する4か所のうち3か所の位置を特定す … Continue reading

『発掘松山の至宝』が刊行されました。

投稿者| hajiki in 発掘調査・試掘調査 | コメントを残す

 松山市立埋蔵文化財センター・松山市考古館は平成元年のオープン以来、これまでに約600ヶ所の遺跡を発掘調査し、旧石器時代から近代に至る松山の歴史が次々と明らかになってきました。  その中でも、地中に眠る貴重な遺物に焦点を … Continue reading

下難波腰折遺跡2次調査

投稿者| hajiki in 発掘情報展, 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 下難波腰折遺跡2次調査は、昨年度に調査を行った1次調査に続く2回目の調査になります。1次調査地では古墳4基が見つかり腰折2号墳では木炭床が確認されるなど大きな成果を上げることができました。  今回の調査地は、1次調査の … Continue reading

祝谷大地ヶ田遺跡9次調査

投稿者| hajiki in 発掘情報展, 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 調査地は、松山市祝谷五丁目の埋蔵文化財包蔵地『No,55 祝谷大地ヶ田遺跡』内の丘陵緩斜面上に位置します。祝谷大地ヶ田遺跡では、これまでに弥生時代前期から中期の土坑群や、古墳時代中期の前方後円墳(祝谷9号墳)、装飾付須 … Continue reading

東垣生八反地遺跡6次調査

投稿者| hajiki in 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 東垣生八反地遺跡6次調査は、松山市が実施する(仮称)松山市新垣生学校給食共同調理場整備事業に伴う埋蔵文化財の発掘調査です。調査地は松山市東垣生町651番外にあり、調査面積は約2,088㎡です。調査は令和2年2月3日(月 … Continue reading

「姫原遺跡3次調査を発掘調査しました」

投稿者| hajiki in 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 令和2年5月7日~6月19日の間、市内姫原町にある姫原遺跡3次調査を実施し、弥生時代~古墳時代の集落跡が確認されました。遺構は、竪穴建物跡2棟・土坑7基、溝3条、柱穴69基がみつかり、遺物は、弥生土器・土師器・須恵器・ … Continue reading