発掘情報展「祝谷大地ケ田遺跡」 27日まで開催中です


1月21日土曜日

 

 先週の土曜日に祝谷大地ケ田遺跡6次調査の現地説明会がありました。

 

 この遺跡は、5世紀後半ころの前方後円墳が新たに発見されたということで、特に注目されています。
 当日は、寒い中たくさんの方におこしいただき、まことにありがとうございました。
 現在、松山市考古館のロビー(無料展示スペース)では、発掘調査員による「発掘情報展」を開催中です。


展示の様子(全体)


続きを読む>> ‘発掘情報展「祝谷大地ケ田遺跡」 27日まで開催中です’

明けましておめでとうございます


1月6日金曜日
少しおそくなりましたが、
 新年あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。
考古館の入り口には、小さな門松が置かれています。
 これは野外活動センターの職員が、「門松づくり教室」の見本としてつくったものです。
 素敵な門松をありがとうございます。



続きを読む>> ‘明けましておめでとうございます’

今年もやってきてくれました


12月9日金曜日

今朝の考古館のようすです。
考古館の前には、大きなため池があります。
池のなかには、少しずつ小さなお客様がふえてきました。

考古館の前のため池

考古館の前のため池



続きを読む>> ‘今年もやってきてくれました’

染物体験はいかがですか?


12月1日木曜日

 

染物体験 追加募集はじめました。

ふんどう君

本日(12月1日)から12月7日まで追加募集します。

「茜染め」:12月14日(水)10:00~12:00
※8月の様子はこちらhttp://www.cul-spo.or.jp/blog_koukokan/?p=1595

「キハダ染め」:12月16日(金)10:00~12:00

お申し込みはこちら↓
『染物体験~茜染め~』 『染物体験~キハダ染め~』のご案内
応募受付は終了しました。

 


染物体験「キハダ染め」

今回はじめて実施します! 先日リハーサルを行いましたので、その様子をご覧ください。


キハダを煮出した液につけます。

アイロンをかけながら、三角形に折りたたみます。

三角形の板ではさみ込んで、輪ゴムで固定。

藍の液 や 茜の液 をつかって 模様をつけます。

染める部分によっては、こんなにかわいい模様ができるんですね!

 

ふんどう君
染物体験・・・。皆様のご応募、心よりお待ちしております。
『染物体験~茜染め~』 『染物体験~キハダ染め~』のご案内

職場体験学習で展示しました


 

11月9・10日の2日間、

松山市立桑原中学校の生徒さんが職場体験学習に来られました。

shokubataiken02

桑原中学校が建っているところに古墳が!

発掘調査で出てきた遺物を生徒さんたちが展示しました。

shokubataiken01

常設展示室前に展示しています。

ぜひ、見に来てくださいね。

秋の気配


11月15日火曜日
今の紅葉のようすです。
少しずつ木々が色づいてきました。



続きを読む>> ‘秋の気配’

ゆるキャラグランプリの応援に行ってきたよ!

ふんどう君

 

はっぴーカバー君の応援にゆるキャラが集まりました。
その甲斐あってか? 『えひめのてっぺんグランプリ』では見事 1位に。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2日間、ふんどう君もがんばりました。

ちょっと 休憩中…

 

yurukyara03

長崎県壱岐市のゆるキャラ『人面石くん』と はい!チーズ!!

来年、考古館に壱岐市の展示がやってくる!? 
人面石くんにまた会えるといいな。

ゆるキャラグランプリ2016 応援に行きます


11月5日、6日に 城山公園芝生広場(松山市堀之内)で

『ゆるキャラグランプリ2016 in 愛顔のえひめ』 が開催されます。(※入場料が必要)

ふんどう君は はっぴーカバー君(松山市) の応援に行きます!

 

なお、考古館のブースでは、古代衣装と土器パズルを用意してお待ちしております。

ぜひ、遊びに来てくださいね!

ふんどう君

鈴虫がやって来た!

鈴虫の音楽会

 

 考古館では、鈴虫の飼育を始めました。

 

 この鈴虫は、松山市野外活動センターに八幡浜市の加藤泰弘さんより寄贈していただいたものです。

鈴虫の飼育

鈴虫

 古来より、日本人は蟋蟀など虫の声に耳を傾けることで秋を感じていました。

日本最古(奈良時代)の和歌集である「万葉集」には、蟋蟀を詠んだ歌が7首残されています。

蟋蟀は「こおろぎ」と読むとも「きりぎりす」と読むとも、また鳴く虫の総称として用いられたとも言われます。


蟋蟀を詠んだ歌の中には、人を恋しく思う秋の夜を詠んだ歌が見られます。

 

夕月夜心もしのに白露の
   置くこの庭に蟋蟀鳴くも

(湯原王・1552番)

 

 日本の虫聞きの文化は、平安時代中期の長編物語「源氏物語」(「鈴虫」の巻)の中で宮廷生活の文化として描かれています。

 またこの場面は、最近目にすることが少なくなりましたが、二千円札の裏面(左側)に用いられていることでも有名です。

 

 涼風とすずやかな虫の声で皆様のご来館を心よりお待ちしております。

 

suzumushi_1

皆様のご来館を心よりお待ちしております。

 

ふんどう君
ただいま開催中です!

平成28年度 愛媛県・松山市連携事業『古代いよ発掘まつり』
  「いにしへのえひめ」     
   9月4日㈯~9月26日㈰

花はそろそろ終わりそうです

美しい古代ハス

 

8月5日(金曜日)

 

今年の花がそろそろ咲き終わりそうです。

美しい古代ハス

美しい古代ハス

今年は、145輪の花が咲きました。

ハスの記録をとりはじめたのは平成21年から。

今までで一番多く花が咲きました。

hasu_0730_1

今年もたくさんの方にハスを見に来ていただきました。

来年も、ぜひお越しください。

ありがとうございました。

まつやま子ども週間 8月8日㈪~8月14日㈰ ※8/8㈪・8/12㈮ 休館日
児童生徒の同伴者は、松山市考古館の入館料(常設展示室観覧料)無料です。

8月10日㈬ 『古代体験まつり』 開催!
          ~みんなで考古館に遊びにきてね~