「深イイ話」

ジョギング | by okada
2月 24 2017 年

(第55回愛媛マラソン)

 

皆さんは日本のマラソンの父と呼ばれている「金栗四三(かなぐりしそう)さん」をご存じでしょうか。お正月恒例の箱根駅伝やマラソンのトップ選手達が行っている高地トレーニングの発案者で日本人初のオリンピック選手です。40℃を越える暑さの中で行われたストックホルム五輪(1912年)男子マラソンに出場した金栗さんはレース途中で日射病で意識を失い、目を覚ましたのは翌日の朝でした。もちろんレースは終了していましたのでそのまま帰国したのです。

その55年後にスウェーデン五輪委員会はストックホルム五輪開催55周年記念の式典を開催。式典の開催にあたって当時の大会記録を調べていた委員会は「競技中に行方不明」と扱われていた男子マラソンの記録を発見。金栗さんを招待して記念式典でゴールさせるサプライズを用意したのです。

55年振りにストックホルムを訪れた金栗さんは礼服姿で現れ、競技場内に用意されたゴールテープを切りました。その瞬間「日本の金栗が只今ゴール。時間は54年8ヶ月6日32分20秒3。これで第5回ストックホルム大会は全日程を終了します。」と場内放送が流れたのです。これに応えて「長い道のりでした。この間に私には5人の孫が出来ました」とユーモア溢れるコメントをした金栗さん。スウェーデン五輪委員会の粋な計らいに深イイと感じたお話でした。

 

「魔力と魅力」

中央公園, ジョギング | by okada
2月 21 2017 年

(松山中央公園ジョギング教室の澤近先生)

 

ランナーの皆さんが挨拶代わりによく使う「レースを楽しみましょう!」という言葉。確かにレースの時間は非日常的空間。暑かろうが寒かろうがその空間の中で自分の限界に挑戦し、一生懸命の自分をいかに楽しめるかがランナーの特権。レースの時間を自分らしく使うことがランナーにとって最高の贅沢なのかもしれません。

ベスト記録を目指し自分との戦いを楽しむ、走り終わった後に最高のビールを楽しむ、可愛らしい仮装を楽しむなどレースの楽しみ方は十人十色。フィニッシュ後の「キツい、苦しい、レースはなんてもう」という気持ちが、数日後には「来年こそは」と思ってしまう不思議な感覚。レースにはそんな「魔力」と「魅力」があるのです。

 

「9連覇」

キッズ, コーディネーション, 中央公園 | by okada
2月 18 2017 年

(松山中央公園キッズコーディネーション教室の濱中先生)

 

2月5日(日)に砥部町陶街道ゆとり公園体育館で行われた第56回愛媛県バドミントン選手権大会。松山中央公園キッズコーディネーション教室の濱中裕太先生が見事優勝(男子シングルス)を果たし9連覇を達成しました。

松山中央公園では各専門分野の資格を持った経験豊かなコーチ陣のもと、子供たちが楽しみながら運動に親しめる様々なキッズスポーツ教室を開催し、子供達の体力や運動能力向上に取り組んでおります。皆様のご参加お待ちしております。

 

「来年はスタートラインに」

中央公園, ジョギング | by okada
2月 16 2017 年

(松山中央公園ピラティス教室の宮﨑先生)

 

2月12日(日)に行われた第55回愛媛マラソンに出場した栗田治先生(松山中央公園ジョギング教室)が市民ランナーにとって憧れのサブスリー(3時間以内の完走)を達成。澤近真理先生(松山中央公園ジョギング教室)と宮崎ふみ先生(松山中央公園ピラティス教室)もサブフォー(4時間以内の完走)の好タイムで早春の伊予路を駆け抜けました。

42.195キロに一度でもチャレンジされた方ならお解かり頂けると思いますが、サブスリー(女性ならサブフォー)での完走はかなりの難関。陸上界には「走った距離は裏切らない」という名言がありますが、マラソンの大きな魅力は「まぐれがない」ことなのかもしれません。

皆さんも走れば走るほど、練習すればするほど結果に結びつくマラソンにチャレンジしてみませんか?当財団の経験豊かなコーチ陣がしっかりサポート致します。松山中央公園で日々のトレーニングを積み、来年は県庁前のスタートラインに立ち、42.195キロを楽しみましょう!

 

「チョコはチョコっとだけに」

健康情報 | by okada
2月 14 2017 年

今日はバレンタインデー。日本では女性から男性にチョコレートを贈る日として定着していますが、2月14日になると体調を崩す人が増えるそうです。ただのチョコレートの食べ過ぎでは?と思いますが、実はチョコレートアレルギーが原因なのかもしれません。

チョコレートの主原料であるカカオには「チラミン」という物質が含まれています。チラミンは血管の収縮を引き起こし、効果が切れると急激に血管の拡張を引き起こします。この作用によって粘膜が腫れたり、頭痛が起きるなどの症状が出るのです。

皆さんも子供の頃に「チョコを食べ過ぎると鼻血が出るよ!」と言われたことはありませんか?これも粘膜が腫れが原因だったのです。他にも腸の粘膜が腫れると腹痛や下痢などを引き起こす「チラミン」。自分がチラミンに弱い体質だとわかったらチョコを食べるのはチョコっとだけにしておきましょうね(笑)

 

「追い風向かい風」

ジョギング | by okada
2月 12 2017 年

各都道府県で開催されるマラソン大会には大勢の人が応募し、陸上競技の花形のひとつと呼ばれるようになったマラソン。42.195kmのコースは直線ばかりかと思いきや、実は曲り角やカーブが多いのが特徴。これは国際陸上競技連盟のルールでスタートとゴール地点の直線距離を21.0975km以下(走行距離の50%以下)にするように決められているからなのです。

愛媛マラソンで例えると、現在は県庁前をスタートして旧北条市で折り返し、松山市堀之内の城山公園をゴールとするコースなので、スタート地点(県庁前)からゴール地点(城山公園)の直線距離は約500m。仮に県庁前をスタートして折り返し地点を設定せず、今治方面に向かって42.195kmを走るとなると、スタートとゴール地点の直線距離は21.0975km以上離れてしまうのです。

スタート地点とゴール地点の直線距離を50%以下とする理由は追い風向かい風の有利不利をなくすこと。折り返し地点などを設定し、スタート地点の方角に戻ってくることで、行きが追い風なら帰りは向い風、行きが向い風なら帰りは追い風というように、風の有利不利が相殺されるようになっているのです。

前半に向かい風を受け、辛い思いをすればするほど後半は楽になり、前半に追い風に乗り、楽な思いをすれば後半が辛くなるマラソン。今年で45歳になる私の人生後半が心地よい追い風になるのか、それとも強烈な向かい風になるのかは、これまでの人生をどう過ごしてきたかという事なのかもしれませんね(笑)

 

「第55回愛媛マラソン」

ジョギング | by okada
2月 10 2017 年

2月12日(日)に開催される第55回愛媛マラソン。台湾や韓国、アメリカなど31名の海外ランナーを含む、過去最多となる1万1,324人(男性9,070人・女性2,254人)がエントリー。招待選手は2011年(大邱)と2013年(モスクワ)陸上世界選手権男子マラソン日本代表の川内優輝選手(埼玉県庁)となっております。

ゲストランナーはシドニー五輪女子マラソンで日本陸上女子初の金メダルを獲得した高橋尚子さん、ものまねタレントのみかんさん、俳優の渡辺裕太さん、そして2001年(エドモントン)と2007年(大阪)陸上世界選手権で銅メダルを獲得、2008年北京オリンピックにも出場した地元出身の土佐礼子さんがスペシャルサポーターとして大会を盛り上げてくれます。市民の皆さんも沿道での応援よろしくお願い致します。

 

「駒澤大学野球部春季キャンプ」

お知らせ, 中央公園, 野球 | by okada
2月 08 2017 年

(松山中央公園坊っちゃんスタジアム)

 

東都大学野球1部リーグ優勝27回、全日本大学野球選手権大会優勝6回と大学野球界屈指の名門チームでも駒澤大学野球部の春季キャンプが坊っちゃんスタジアムで行われています。

12日(日)までのキャンプには選手とスタッフ約50名が参加。大倉孝一新監督のもと、ノックやフリーバッティングなど活気ある雰囲気で汗を流していました。

 

「マナー」

中央公園, ジョギング | by okada
2月 06 2017 年

(松山中央公園初めてのジョギング教室)

 

紫外線の影響を受けない、家事や仕事後のリフレッシュなど魅力がいっぱいの夜のジョギングですが、気をつけて欲しいのが交通安全。夜のジョギングでは暗さで視野が狭くなり、瞬間的に障害物を避けることができず事故にあう確率が高くなってしまいます。

暗い場所では自分の存在を相手にしっかりと知らせるのがランナーのマナーです。目立つ色のウェアを着たり、反射素材を身につけるなども有効ですが、歩行者や自転車が多い松山中央公園で開催している「初めてのジョギング教室」では反射板付きのタスキはもちろん、腕に装着するランニング用LEDライトの貸出しを行っています。

こうしたら完璧という答えはないと思いますが、自動車はもちろん、歩行者や自転車にも少しでも早く、遠くから走ってる人がいるという認識をもってもらえるような対策を行い、皆さんも安全に夜のジョギングを楽しんで下さいね。

 

「北北西」

未分類 | by okada
2月 03 2017 年

今日2月3日は節分。昔の人々は豆に「魔滅(まめ)」という字を当てはめ、「魔を滅(めっ)する」という意味を込め、1年間の健康を願って「豆まき」を行っていましたが、最近では豆まきに加えて「恵方巻き」と呼ばれる太巻き寿司を食べる風習が全国各地に広まっています。

恵方巻きが食べられるようになったきっかけは、1977年の大阪道頓堀で開催された「海苔祭り」での巻き寿司丸かじり早食い競争だと言われています。ユニークで大盛り上がりだった巻き寿司丸かじり早食い競争は全国各地に広まり、1980年代の終わりにはコンビニで「恵方巻き」として販売が開始。そして販売エリアも広がり、1990年代には全国のコンビニやスーパーなどで販売されるようになり全国各地に浸透したのです。

今年の方角は「北北西」。太巻き寿司を切らないで食べるのは縁を切らないという意味があり、七福神にちなんでキュウリ、かんぴょう、伊達巻、うなぎなど7種類の具を入れるといいと言われています。おしゃべりしながら食べると運が逃げるので、願い事をしながら黙ってまるごと1本を最後まで食べきるのが基本スタイル。おしゃべりな方も今日だけは無言で黙々と食べて下さいね(笑)