カテゴリーの過去記事: 報告書作成

報告書作成

埋蔵文化財センターの仕事について【写真の撮影】

投稿者| hajiki in その他, 出土物整理, 報告書作成 | 埋蔵文化財センターの仕事について【写真の撮影】 はコメントを受け付けていません

 こんにちは、スタジオです。  今回は、遺跡から出土した土器などを写真で記録する仕事についてご紹介します。  調査で出てきた遺物は、洗浄・復元の後、図面や写真、文章などでしっかり記録します。時には消失することもある物の姿 … Continue reading

埋蔵文化財センターの仕事について【土器の実測】

投稿者| hajiki in その他, 出土物整理, 報告書作成 | 埋蔵文化財センターの仕事について【土器の実測】 はコメントを受け付けていません

前回お伝えした接合作業に続いて、今回は、遺跡から出土した土器などを図面にし、記録する仕事についてご紹介します。 この作業のことを「実測(じっそく)」といいます。 土器についての情報を分かりやすく、客観的に伝えるため、図面 … Continue reading

埋蔵文化財センターの仕事について【土器の復元】

投稿者| hajiki in お知らせ, 出土物整理, 報告書作成 | コメントを残す

こんにちは。復元室です。  私たちの部屋には、松山市内で発掘された土器が(ほとんどがバラバラに割れた状態)で運ばれてきます。  その一つひとつを元の状態に復元していきます。  接合できるものを探しだして・・・ このような … Continue reading

埋蔵文化財センターの仕事について

投稿者| hajiki in お知らせ, その他, 出土物整理, 報告書作成 | コメントを残す

 これから数回に分けて、松山市埋蔵文化財センターで行っている仕事について、少しずつご紹介したいと思います。  屋外の「発掘調査」について注目されることが多いのですが、埋蔵文化財センターでは「発掘調査」以外にも、遺跡から見 … Continue reading

南江戸上沖遺跡の遺物

投稿者| kidai in 出土物整理, 報告書作成, 未分類 | コメントを残す

 南江戸上沖遺跡は平成27年9月~平成28年7月まで発掘調査(屋外調査)を行いました。 南江戸上沖遺跡からは、鎌倉時代の建物を区画する溝が見つかっています。現在は、報告書作成のための整理作業(屋内整理)を行っています。そ … Continue reading

松山市埋蔵文化財調査年報30を刊行しました

投稿者| takatsuki in 出土物整理, 報告書作成, 遺跡紹介 | コメントを残す

 平成29年度に発掘調査を実施した15遺跡の成果報告のほか、出土品の整理・保存処理、普及啓発活動などをまとめた松山市埋蔵文化財調査年報30(29年度)を刊行しました。是非、考古館に見にきてくださいね。    & … Continue reading

松山外環状道路関連遺跡の整理でわかったこと

投稿者| hajiki in 報告書作成, 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 今回は、松山外環状道路の建設に伴う12遺跡の発掘調査のまとめを報告します。  調査地は、松山市余戸西・東垣生町・南吉田町の3地区に広がる松山平野沿岸部付近の低地にあり、南吉田南代遺跡では、弥生時代前期から中期頃と弥生時 … Continue reading

船ケ谷遺跡5次調査の整理作業⑤ ー最終ですー

投稿者| takatsuki in 報告書作成 | コメントを残す

報告書刊行と遺物の収納    11月末に9割ほど仕上がった原稿は、即印刷屋さんに入稿しました(文章ができたのは1月上旬です・・・)。そして1月末に無事刊行することができました。こうして刊行できたのも、発掘調査で … Continue reading

船ケ谷遺跡5次調査の整理作業④

投稿者| takatsuki in 報告書作成 | コメントを残す

遺物の写真撮影  9月~10月にかけては遺物の写真撮影をおこなったほか、現場の写真や遺物の写真のレイアウト作業をおこないました。遺物の写真撮影はデジタルカメラで撮影します。撮影は、遺物の方向や角度、シャッタースピードや露 … Continue reading

船ケ谷遺跡5次調査の整理作業③

投稿者| takatsuki in 報告書作成 | コメントを残す

7月~8月にかけては遺構や遺物図面のトレース作業をおこないました。トレース作業とは、遺構や遺物の線の太さを変えて分かりやすい図に仕上げる作業です。つい最近までは、原図の上に薄紙(トレーシングペーパー)を載せ専用ペンで敷き … Continue reading