公益財団法人 松山市文化・スポーツ振興財団

コスモシアター

上のメニューの天体案内に、肉眼で自宅から見える現象を紹介しておりますので、ぜひ夜空を眺めて見てください。


コスモシアターは、四国最大級のプラネタリウムです。
ドームスクリーンは、直径23メートル、座席数は280席、一方向傾斜型(約30度傾いた構造)です。現行機種のQシステム(Q1221-HD)は、高品質のビデオプロジェクターとコンピューターを組み合わせたプラネタリウム用デジタル投映システムです。魚眼レンズにより175度の画角を持ち、一般用、学習用、幼児用番組など、多数の番組を取り揃えています。(旧型のプラネタリウム投影機(光学式)は、五藤光学製のGSS1型機。投影できる星は、明るさで約7.5等級、約25,000個。美しい天の川や変光星、明るいものなら星雲星団もほぼ肉眼で見たイメージで表現。現在は、学習番組等の補助として活用。)

ご利用にあたっての注意事項

新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、利用にあたっては以下を遵守ください。
①三密(密閉、密集、密接)を避けること(人と人との間隔は2mを目安に)
②大声での発声、歌唱や声援、又は近接した距離での会話等は、お控えください。
③その他、手指の消毒消毒・マスクの着用などお願いいたします。
(・室内の換気・入場者の制限や誘導をさせていただいております。 )
④体調不良の方(発熱、倦怠感、味覚障害のある方など)の参加はご遠慮ください。
⑤海外から帰国後、2週間を経過していない方は参加をご遠慮ください。
⑥その他、詳しくはお問い合わせください。

上映番組

  利用再開のお知らせ
「コスモシアター」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、休館しておりましたが、6月19日(金)から利用再開させていただいております。
なお、3密をさけるため上映開始時間を一部変更させていただきますので、ご了承ください。

「利用制限について」

・コスモシアター(9/19から2/28まで)

【定時・団体上映】座席数は280席

【貸館利用】の場合

・大声での歓声や声援等が想定される場合及びこども利用の場合

 固定席280席の50%以内【MAX136席】
・大声での歓声・声援等がないことを前提としうる場合

 固定席280席の100%以内【MAX280席】

※利用内容及び感染拡大状況により席数を決定する。
※利用条件を履行すること。

11月29日~12月18日 (休館日を除く)

平日 番組名 土・日・祝
13時 プラネタリウム ちびまる子ちゃん 11時
14時 忍たま乱太郎の宇宙大冒険 13時
15時 季節の星空 秋バージョン 14時30分
16時 季節の星空 冬バージョン 16時

 

12月19日~ (休館日を除く)

平日 番組名 土・日・祝
13時 忍たま乱太郎の宇宙大冒険 11時
14時 新番組 名探偵コナン 探偵たちの星月夜 13時
15時 新番組 HAYABUSA2 ~REBORN~ 14時30分
16時 季節の星空 冬バージョン 16時

※平日の午前中は、ご希望の時間に団体予約ができます。
詳しくは、電話でお問い合わせください。

※冬休み(12/26、27、1/5、6、7)は、土・日・祝の時間帯です。

  • 都合により変更する場合もございますので、ご了承ください。
  • 番組の途中でご入場はできません。開始5分前までには、入場券をお買い求めて入場をお願いいたします。
  • 入場券は各15分前から発売予定です。なお毎回入れ替えとなり、各回それぞれに入場券が必要となります。
各回入場料金
大人 400円
小人(4歳から中学生まで) 200円
  • 入場券の発売は、開始時間の15分前からとなります。また、開場は開始5分前の予定です。ただし、多客時はこれより前になる場合がございます。
  • 団体でのご利用の場合は、金額が異なります。詳しくは団体利用案内をご覧ください。
番組紹介
名探偵コナン探偵たちの星月夜(スターリーナイト)
  • 全天周デジタル番組
  • 12月19日スタート(令和3年(2021年)12月18日まで)
  • <配給>株式会社 デジタル・アンド・デザイン・ピクチャーズ

©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

 

謎の探偵からの挑戦状
江戸川コナン、いや工藤新一お前にこの謎が解けるのか?

夏休みの自由研究のため、米花町にあるプラネタリウムへ行くことになったコナンと少年探偵団。
その前夜、コナンの元に謎の手紙が届けられる。
それは「親愛なる工藤新一君へ」と書かれた謎の探偵からの挑戦状だった。
コナンの正体を知る探偵とは一体誰なのか?
プラネタリウムを舞台に探偵達の対決が今はじまる。
満天の星空の下で繰り広げられる、大迫力の名探偵コナン!乞うご期待!
上映時間:約25分

©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

「無断転載を禁止します」

HAYABUSA2~REBORN
  • 全天周デジタル番組
  • 12月19日スタート(令和3年(2021年)12月18日まで)

<配給>株式会社 五藤光学研究所
©HAYABUSA2~REBORN 製作委員会

 

小惑星リュウグウでの探査を成功させ、地球への帰還をめざすはやぶさ2。
地下資源から太陽系誕生の秘密に迫る、壮大な旅の軌跡を描き、驚きに満ちた小惑星探査の過程を緻密に再現。
HAYABUSA三部作の完結編として、はやぶさミッションの10年の歩みを締め括ります。
プラネタリウムならではの迫力ある全天周デジタル映像で、はやぶさ2の果敢な挑戦をお楽しみください。
ナレーション:篠田三郎

<監督からのメッセージ>
HAYABUSA-BACK TO THE EARTH-から始まった3部作の完結編を作るにあたって、この10年という月日をとても強く意識しました。
はやぶさ、そしてはやぶさ2という小惑星探査機ほど、一般の方に愛された探査機はなかったでしょう。
一人一人の10年間の記憶と深く結びつき、この探査機は、もはやJAXAだけのものではありません。
はやぶさ2がリュウグウで行った探査を出来る限り精密に描き、はやぶさ2を応援する全ての人に「手応え」を感じていただきたいと思っています。

監督:上坂 浩光

上映時間:約42分

予告編はこちら

©HAYABUSA2~REBORN 製作委員会

「無断転載を禁止します」

忍たま乱太郎の宇宙大冒険 with コズミックフロント☆NEXT ブラックホールで危機一髪!?の段
  • 全天周デジタル番組
  • 好評上映中(令和3年(2021年)9月30日まで)

<配給>株式会社 デジタル・アンド・デザイン・ピクチャーズ

大掃除の日。乱太郎・きり丸・しんべヱは掃除をさぼって教室をぬけだしました。
その途中、突然ろうかに黒い穴があき、3人は暗黒の世界へ落ちてしまいます。
そこに現れたのは宇宙の名ガイド、ミス・スワン。
3人は観光宇宙船ハクチョーに乗って、宇宙の絶景を見るツアーに行くことになりました。
星の一生や星団・星雲を巡り、クライマックスはブラックホールです。
そこで大ピンチ!3人は無事に元の世界に戻れるか!?
上映時間:約25分

©尼子騒兵衛/NHK・NEP

「無断転載を禁止します」

プラネタリウム ちびまる子ちゃん それでも地球はまわっている
  • 全天周デジタル番組
  • 好評上映中 まもなく終了します(令和2年(2020年)12月18日まで)

<配給>コニカミノルタプラネタリウム株式会社

「地球は回っている?それに気づいたのはだれ?」ふと疑問に感じたまる子。昔の人は太陽も星も地球を中心に動くと信じていたけど、コペルニクスやガリレオといった人たちが本当は地球の方が太陽のまわりを回っていると発見したらしい。もっと地球や宇宙の事を知りたいと思ったまる子たちは科学館へ遊びにいくことに。そこで目にした古代の人たちが考えた不思議な宇宙のすがたとは…!?
上映時間:約29分

予告編はこちら

季節の星空
  • デジタルプラネタリウム
  • 好評上映中(通年)

四季それぞれの見られる星や星座をデジタル映像で紹介していきます。 番組は、春、夏、秋、冬の4種類あり、季節ごとに変わっていきます。

春…4~6月、夏…7~9月、秋…10~12月、冬…1~3月

上映時間:約35分

観望会のお知らせ

・令和2年12月19日(土) 17:30~19:00 木星と土星の大接近を見よう

定員となりましたので、受付は終了しました。


料金:1人200円(4歳以上)※雨天・曇天時はコスモシアターで星空解説のみ実施します。

ただし、コロナウイルス感染症拡大などの今後の状況により、中止となる場合もございますので、事前にご確認ください。

 

団体利用案内

コスモシアターでは、団体でのご利用を承っております。学校行事などに是非ご活用ください!

ご利用料金について
団体利用の扱い
原則として、4才以上の方が10名以上にさせていただきます。
※学校団体などが学校の行事でご利用される場合は、10名以下でもご利用できますので、お問合せください。
ご利用可能時間帯
平日の9:00から17:00(学校の長期休暇を除く)
ご利用料金
団体専用利用の「幼児用番組」「学習用番組」につきましては、お問合せください。
一般番組は下記の割引料金でご利用になれます.

人数 大人 小人 割引率
30~49人まで 360円 180円 1割
50~99人まで 320円 160円 2割
100人以上 280円 140円 3割
ご利用にあたっての注意事項
  • 団体でご利用の場合は、1週間前までに、事前にお電話でご予約をお願いいたします。
  • 団体予約受付は先着順に行っております。番組内容や開始時間は、先着順に決定いたします。
  • 人数が多い場合、入退場に時間がかかる場合がございます。ご利用の15分前までには、到着するようにご計画ください。
  • 都合により、他の団体のお客様と、同時にご利用いただくことがありますのでご了承ください。
  • 貸し切りバスで、ご利用する場合は、駐車場に限りがございますので、事前にご予約ください。
  • 電子メールでの団体予約はうけつけておりませんので、あらかじめご了承下さい。
投影番組
幼児用プラネタリウム番組はこちら
  • 全天周デジタル番組

これからご紹介するプラネタリウム番組は、幼稚園児、保育園児、小学校低学年児童を対象にした作品です。
これらの作品は、 楽しいキャラクターが登場し、星の世界などをわかりやすく案内する、こどもたちの情操教育が高められる内容になっています。

学習用プラネタリウム番組はこちら
  • 全天周デジタル番組

コスモシアターではこどもたちの理科教育のお役に立てるよう、学習用番組の投影も行っております。
学校の授業中では扱いづらい天体も、プラネタリウムを使えば、視覚、感覚の両面から天体、星というものをとらえることができ、学習効率の向上が望めます。これからご紹介する学習用番組は、難しいことにかたよることなく、こどもたちが興味をもって見れるような内容になっています。

貸館案内

コスモシアターは広く皆様にご利用いただけるよう、貸館も行っております。

※なお、プラネタリウム番組の投影などで使用できない場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

活用例
  • アマチュア音楽愛好家による演奏会
  • 音楽教室の発表会
  • 小規模なコンサート
  • ビデオ映像を活用した各種講演会、セミナー、研修会
  • 総会などの各種会合
料金表

天体案内

  今月の星空

 

  南東の空にオレンジ色の明るい星が輝きます。この星が火星で、一番目につく星になるでしょう。また、20時ころ南西の低い空に木星と土星が輝きますが、21時ころには沈んで見えなくなります。

西の空には、夏の代表する、夏の大三角が輝きます。いっぽう、秋の星空の目印、秋の四辺形が南の空高く輝いています。夏の大三角は、こと座のベガ・おりひめ星とわし座のアルタイル・ひこぼし、はくちょう座のデネブを結ぶとできる三角形です。秋の四辺形は、ここにある星座ペガスス座の名前をとり、ペガススの四辺形とも呼ばれています。

この分かりやすい夜空の目印のうち、秋の四辺形を目印に、南側にみなみのうお座のフォーマルハウトと、くじら座のデネブカイトスが見つかります。

また頭の上から北側には、アンドロメダ座、カシオペヤ座、ケフェウス座が見つかるでしょう。秋の星座をさがすには、ぜひ秋の四辺形を目印にしてください。

東の空に目を向けると、冬の星座・オリオン座が昇り始めています。まもなく、冬が訪れるでしょう。

 

  南東から南の空にオレンジ色の明るい星が輝きます。この星が火星で、一番目につく星になるでしょう。また、20時ころ南西の低い空に木星と土星が輝きますが、21時ころには沈んで見えなくなります。

西の空には、夏の代表する、夏の大三角が輝きます。いっぽう、秋の星空の目印、秋の四辺形が南の空高く輝いています。夏の大三角は、こと座のベガ・おりひめ星とわし座のアルタイル・ひこぼし、はくちょう座のデネブを結ぶとできる三角形です。秋の四辺形は、ここにある星座ペガスス座の名前をとり、ペガススの四辺形とも呼ばれています。

この分かりやすい夜空の目印のうち、秋の四辺形を目印に、南側にみなみのうお座のフォーマルハウトと、くじら座のデネブカイトスが見つかります。

また頭の上から北側には、アンドロメダ座、カシオペヤ座、ケフェウス座が見つかるでしょう。秋の星座をさがすには、ぜひ秋の四辺形を目印にしてください。

東の空に目を向けると、冬の星座・オリオン座が昇り始めています。まもなく、冬が訪れるでしょう

 

今月の星空ガイド

 

 2020年12月の星空ガイド

12月の月の満ち欠け
8日(火) 15日(火) 22日(火) 30日(水)
下弦 新月 上弦 満月
明け方南の空に
月が見える
 星を見るのに
絶好のチャンス
 夕方南の空に
月が見える
月明かりで夜空が明るく
星が見つけにくい

 

惑星の動き
水星 金星 火星 木星 土星
見える方向 見かけ上太陽に近く

見つけるのは難しい

明け方

南東の低い空

夕方の南の空 夕方の

南西の低い空

夕方の

南西の低い空

見える星座 —– てんびん座~へびつかい座 うお座 いて座~やぎ座 いて座~やぎ座
明るさ ‐—- -4等星 -1~0等星 -2等星 0.5等星

 

   12月の天文現象
   13日(日)、明け方、南東の空で、月と金星が並んで輝く
  13日(日)の明け方の午前5時から6時ころ、細い月が東の空に輝きます。そして、この月の右上を見ると、明るい星が輝いているのがすぐに分かります。この星が、明けの明星・金星です。月との金星の間隔は、満月1個程度ですので、かなり接近します。この後、朝焼けで空が明るくなりますが、金星が明るいので、午前6時半ころまで見えるでしょう。双眼鏡などお持ちの方は、月と金星を一度に見ることができますので、ぜひご覧ください。
   13日(日)の深夜~14日(月)の明け方、ふたご座流星群が極大
   流星群の流星は、地球から見ると、ある地点から放射状に流れるように見えます。その流れ出す地点(放射点(ほうしゃてん))のある場所をとって、何々座流星群と呼びます。今回はふたご座流星群ですので、ふたご座の方向から全天に流れていきます。
ふたご座流星群は、ほぼ一晩中見られ、見やすい流星群となっています。今年の極大は、14日(月)の午前9時に予想がでています。よって、13日(日)の深夜~14日の明け方がいちばん多く見えるでしょう。
13日の夜は、月明かりがなく絶好の条件です。このため、14日明け方にかけて、実際に見える数は、郊外ですと、1時間あたり50個以上。松山市内では、空が明るくなるので、半分から1/3程度に減少しますが、たくさんの流れ星が見られるでしょう。
見る方向は、真夜中まではおおよそ東の空、真夜中以降は南の空を見ればいいでしょう。ちなみに、極大後の14日(月)の深夜から15日(火)の明け方もある程度の流星が見られるでしょう。
   17日(木)、南西の空で、月と木星、土星が並んで輝く
   17日(木)の夜、月と木星、土星の接近が見られます。見やすいのは18時ころです。このころ、南西の空に月が輝いています。この月の右上に見える明るい星が、木星です。そして、木星の左上に見える星が土星になります。木星は明かるいので、すぐに分かります。土星はやや暗いので、注意深く探してください。
  21日(月)、木星と土星が大接近
    夕方18時ころ、南西の低い空に木星と土星が並んで輝きます。二つの星の区別の方法は、明るさの違いです。明るいほうが木星になります。20日(日)までは、木星が下、土星が上に並びますが、21日(月)はぴったり並んで輝きます。このように接近するのは大変珍しい現象です。二つの惑星は、月の大きさ用の5分の1程度まで接近しますので、大変目につく現象になるでしょう。その後、22日(火)同じように接近が続きますが、23日(水)以降は、次第に離れていきます。そして、来年になると、見かけ上太陽に近くなり、二つの惑星は見えなくなっていきます。
  23日(水)~24日(木)、南の空で、月と火星が並んで輝く
  空が暗くなる18時~19時ころ、南東の空で月と火星が並んで輝きます。23日(水)は月の左上に火星が輝きます。そして24日(木)は、位置が入れ替わり、月の右上に火星が輝きます。なお、火星はオレンジ色の明るい星で、月の近くにはこれ以上明るい星はないので、間違えることはないでしょう。
 
 
  
 

 

 

 

 

 

 2020年11月の星空ガイド

11月の月の満ち欠け
8日(日) 15日(日) 22日(日) 30日(月)
下弦 新月 上弦 満月
明け方南の空に
月が見える
星を見るのに
絶好のチャンス
 夕方南の空に
月が見える
月明かりで夜空が明るく
星が見つけにくい

 

惑星の動き
水星 金星 火星 木星 土星
見える方向 明け方

東の低い空

明け方

東の空

宵の

南東から南の空

夕方

南西の低い空

夕方

南西の低い空

見える星座 —– おとめ座~

てんびん座

うお座 いて座 いて座
明るさ 0~1等星 -4等星 -1~-2等星 -2等星 0等星

 

11月の天文現象
   5日(木)、おうし座南流星群が極大
  5日(木)の夜、おうし座南流星群が極大となります。ただし、見られる数は1時間あたり数個程度となります。たまに明るい流星が見られますので、気長に夜空をながめて見てください。見える方向は、夜半ころの東の空、真夜中から明け方の南の空です。なお、この1週間後に、おうし座北流星群が極大となります。こちらもほぼ同じような感じで見えるでしょう。今年は月明かりがないので、条件は最高です。
  13日(金)、明け方、東の空で、月と金星が並んで輝く
 13日(金)の明け方の午前5時から6時ころ、細い月が東の空に輝きます。そして、この月の右を見ると、明るい星が輝いているのがすぐに分かります。この星が、明けの明星・金星です。この後、朝焼けで空が明るくなりますが、金星が明るいので、午前6時半ころまで見えるでしょう。
  18日(水)、しし座流星群が極大
 18日(水)の明け方、しし座流星群が極大を迎えます。この流星群は、明るいものが多いので、印象に残る流星が見られます。 しし座流星群は、しし座方向から全天に向かって流星が流れます。このため、しし座見えていないと、流星も見えません。このころ、しし座が昇るのは真夜中ころなので、これ以降になると見え始めます。そして、しし座が高くなる、18日の明け方には多くなっていきます。
今年は、月明かりがなく絶好の条件です。ただし、多くても1時間あたり、5個くらいの流星が見られる程度です。ただ明るい流星が時々流れますので、見ごたえのある流星群です。 観察するには、しし座が分らなくてもかまいません。おおまかに、東の空を眺めていればいいでしょう。多く見られる時間は、午前3時ころから5時ころまでとなります。早起きをしてご覧ください。
  19日(木)、南西の空で、月と木星、土星が並んで輝く
 19日(木)の夜、月と木星、土星の接近が見られます。見やすいのは18時ころです。このころ、南西の空に月が輝いています。この月の上に見える明るい星が、木星です。そして、木星の左上に見える星が土星になります。木星は明かるいので、すぐに分かります。土星はやや暗いので、注意深く探してください。上の画像は9月21日の火星の画像です。模様がぼんやりとして、詳細はあまりはっきりしません。
 25日(水)~26日(木)、南東の空で、月と火星が並んで輝く
 空が暗くなる18時~19時ころ、南東の空で月と火星が並んで輝きます。25日(水)は月が右側で、火星が左側。26日(木)は、位置が入れ替わり、月が左側、火星が右側になります。なお、火星はオレンジ色の明るい星で、月の近くにはこれ以上明るい星はないので、間違えることはないでしょう。上の画像が、北十字星です。天の川の中に輝き、たいへんにぎやかな眺めとなります。上の画像が、南アフリカで撮影した南十字星です。街の明かりで、あまり目立ちません。
 秋の星を見つけよう
右の図のように、秋の四辺形を使うと秋の星を見つけることができます。右の図は、11月上旬の20時ころ、下旬ですと19時ころの南の空を見上げた星空です。右が西、左が東、下が南で上が北の方角になります。なお、今年はうお座の明るい火星があるので、注意してください。
さて、秋の星の見つけ方ですが、たとえば、秋の四辺形の右側の辺を結んで、南側に伸ばすとフォーマルハウトが見つかります。この星は、秋の星座の中でただひとつの1等星で、秋のひとつ星や南のひとつ星と呼ばれます。
また、左側の辺を結んで、同じように南側に伸ばすと、くじら座のデネブカイトスにたどり着きます。
いっぽう、左側の辺を結んで北に伸ばすと、カシオペヤ座(となりにケフェウス座があります)をとおり、北極星へたどり着きます。
このころ、秋の四辺形は、ほぼ頭の真上に輝いています。まず頭の真上を見上げて、四辺形を見つけ、秋の星座たちを見つけてみてください。
なお、11月は30日が満月になります。満月のころは、月が明るく星が見にくいことがあります。星座を見つけるには、中旬ころがいいでしょう。

コスモシアターニュース12月号

コスモシアターニュース11月号

コスモシアターニュース10月号

コスモシアターニュース9月号

コスモシアターニュース8月号

コスモシアターニュース7月号

コスモシアターニュース6月号

コスモシアターニュース5月号

コスモシアターニュース4月号

コスモシアターニュース3月号

コスモシアターニュース2月号

コスモシアターニュース1月号

 

天体写真のコーナー