公益財団法人 松山市文化・スポーツ振興財団

コスモシアター

上のメニューの天体案内に、肉眼で自宅から見える現象を紹介しておりますので、ぜひ夜空を眺めて見てください。


コスモシアターは、四国最大級のプラネタリウムです。
ドームスクリーンは、直径23メートル、座席数は280席、一方向傾斜型(約30度傾いた構造)です。現行機種のQシステム(Q1221-HD)は、高品質のビデオプロジェクターとコンピューターを組み合わせたプラネタリウム用デジタル投映システムです。魚眼レンズにより175度の画角を持ち、一般用、学習用、幼児用番組など、多数の番組を取り揃えています。(旧型のプラネタリウム投影機(光学式)は、五藤光学製のGSS1型機。投影できる星は、明るさで約7.5等級、約25,000個。美しい天の川や変光星、明るいものなら星雲星団もほぼ肉眼で見たイメージで表現。現在は、学習番組等の補助として活用。)

 

上映番組

上映開始時間 (休館日を除く)

状況によっては変更となる場合があります。

★貸館利用のため、

6/16(日)11時のプラネタリウム番組は、お休みします。

ご了承ください。

(午後は通常通り上映します)

 

2/17~ (休館日を除く)
 平日 土・日・祝日
11時 (団体利用) 忍たま乱太郎の宇宙大冒険
13時 プラネタリウム ちびまる子ちゃん (約26分)
14時 忍たま乱太郎の宇宙大冒険  (約25分)
15時  COSMIC HARMONY (約30分)
16時 季節の星空               (約35分)
  • 都合により変更する場合もございますので、ご了承ください。
  • 番組の途中でご入場はできません。開始5分前までには、入場券をお買い求めて入場をお願いいたします。
  • 入場券は各15分前から発売予定です。なお毎回入れ替えとなり、各回それぞれに入場券が必要となります。

 

各回入場料金
大人 400円
小人(4歳から中学生まで) 200円
  • 入場券の発売は、開始時間の15分前からとなります。また、開場は開始5分前の予定です。ただし、多客時はこれより前になる場合がございます。
  • 団体でのご利用の場合は、金額が異なります。詳しくは団体利用案内をご覧ください。
番組紹介
プラネタリウム ちびまる子ちゃん 南十字星に魅せられて
  • 全天周デジタル番組
  • 好評上映中令和5年(2023年)12月1日から令和6年(2024年)11月30日まで
  • <企画・配給>コニカミノルタプラネタリウム株式会社

オーストラリアから来た少年ジムと出会うまる子。星好きのジムから南十字星について教えてもら
う。『銀河鉄道の夜』に登場する南十字星、地図のない時代、海の冒険者が道しるべにした南十字星。
知れば知るほどあこがれは強くなるが、日本からは見えないことを知り落ち込む。
そして別れの日。
「南と北半球で見える星は違うけど天の川はつながっている。だから夜空の星を見て」「うん、絶対
に見る!」二人は約束を交わすのであった。

上映時間:約26分

予告編はこちら

©さくらプロダクション/日本アニメーション

「無断転載を禁止します」

COSMIC HARMONY 138億年の響き
  • 全天周デジタル番組
  • 好評上映中令和5年(2023年)12月1日から令和6年(2024年)11月30日まで
  • <配給>コニカミノルタプラネタリウム株式会社

シンセサイザー音楽の先駆者として世界的に知られる音楽家・冨田勲(1932-2016)。
この番組では「TOMITA information Hub」の全面協力のもと、彼が遺したサラウンド音源を使い、彼が生涯をかけて追及した『音に囲まれた宇宙』を表現。
360度の映像と音に囲まれた宇宙を体験してください。
ナレーションは俳優の松重豊さんです。
※当施設は、一方向傾斜型、175度の画角です

 

番組で登場する冨田勲の作品
組曲「惑星」より(ホルスト)/月の光(ドビュッシー)/答えのない質問(アイヴズ)/亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル)/青い地球は誰のもの2020(冨田勲)ほか

 

上映時間:約30分

予告編はこちら

 

音楽 冨田勲
慶應義塾大学在学中から作曲家として活動を始め、NHK「きょうの料理」など番組テーマ曲、NHK大河ドラマ、手塚治虫作品、山田洋次監督作品など多彩な分野で作編曲家として優れた作品を数多く残す。
1974年に米国RCAレーベルから発表したシンセサイザーによる作品「Snow Flakes are Dancing」は、日本人として初めてグラミー賞4部門にノミネート、その後の一連のアルバムも世界中で大ヒットした。音響効果をも含めた音楽は「トミタ・サウンド」と呼ばれクラシック・ファンのみならず、世界中の幅広い層から支持されている。

 

ナレーション 松重豊
1963年1月19日生まれ、福岡県出身。舞台やドラマ、映画など幅広く活躍。
近年の主な出演作に映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」、「老後の資金がありません!」、「余命10年」、「ツユクサ」など。
ドラマでは、「今ここにある危機とぼくの好感度について」、「いりびと‐異邦人」、「カムカムエヴリバディ」、23年NHK大河ドラマ「どうする家康」に出演。
また、雑誌「クロワッサン」で『たべるノヲト。』のエッセイを連載中。

 

監督 新井達之
1964年、東京都出身。千葉大学理学部地学科卒業。国際プラネタリウム協会会員。
1990年から葛飾区郷土と天文の博物館の天文担当学芸員として、100本以上のプラネタリウム番組制作を担当。
デジタルプラネタリウムによる宇宙の映像と音楽を融合させた『シンフォニー・オブ・ユニバース』シリーズ、観客参加型の『クイズ!スター&プラネット』シリーズなど、宇宙を知る感動を新しいスタイルで伝えるプラネタリウム番組を追求している。

 

天文監修 杉山直
ドイツ生まれ。理学博士。1984年早稲田大学理工学部卒業後、広島大学大学院理学研究科博士課程を修了し、1991年東京大学理学部助手に着任。
1996年から京都大学理学研究科助教授、2000年から国立天文台教授。
2006年名古屋大学理学研究科教授、理学研究科長、理事・副総長(統括・総合調整担当)を経て、2022年4月より名古屋大学総長。
専門は、宇宙物理学・宇宙論、特に宇宙マイクロ波背景放射や宇宙の構造形成の研究。西宮湯川記念賞、日本学術振興会賞、日本天文学会林忠四郎賞を受賞。

 

「無断転載を禁止します」

忍たま乱太郎の宇宙大冒険 with コズミックフロント☆NEXT 土星めぐりでシャッターチャンスの段
  • 全天周デジタル番組
  • スタートしました令和6年(2024年)2月17日から令和7年(2025年)2月14日まで
  • <企画・配給>株式会社デジタル・アンド・デザイン・ピクチャーズ

 

ある晩、忍術学園に土星観光大使を名乗るオカッシーニがやってきた。土星のPRをするため、ティッシュ配りをしているというオカッシーニはしんベヱとすっかり意気投合!
早速、土星ツアーに出発する乱太郎・きり丸・しんべヱ。美しい土星の輪っか、衛星エンケラドス、タイタンを大冒険!最後にしんべヱが、土星本体へ連れて行ってくれるようにお願いするが…。果たして、土星にはどんな秘密が隠されているのか!?

上映時間:約25分

 

©尼子騒兵衛/NHK・NEP ©NASA

「無断転載を禁止します」

花鳥風月 星ごよみ
  • 全天周デジタル番組
  • 団体予約番組
  • <配給>コニカミノルタ プラネタリウム株式会社

ナレーション:水樹奈々
音楽:姫神/星 吉紀

日本の四季の風情や星座を、「春分」「夏至」「立秋」「大寒」などの二十四節気(にじゅうしせっき)とともに紹介する作品です。
季節の星空だけでなく、桜の花びら舞う春、蛍の飛びかう夏、中秋の名月、深々と降り積もる雪など、その季節ならではの日本の美しい風景を臨場感たっぷりに投映します。
日本人の繊細な感性を育んできた四季の移ろいを感じ、純粋な気持ちで花鳥風月をめでる。そんな豊かな心を取り戻してくれるひとときです。
上映時間:約26分

「無断転載を禁止します」
季節の星空
  • デジタルプラネタリウム
  • 好評上映中(通年)

四季それぞれの見られる星や星座をデジタル映像で紹介していきます。

番組は、春、夏、秋、冬の4種類あり、季節ごとに変わっていきます。

上映時間:約35分

観望会のお知らせ

令和6年6月22日(土) 20:00~ 

「ストロベリームーンを見よう」です。

【料金】200円(4歳以上)【定員】先着50人(事前申込)

6月の満月・ストロベリームーンを天体望遠鏡で観察します。スマートフォンのカメラで撮影できます。また、北斗七星などの春の星を実際の空で見つけます。

なお、天気が悪く星が見えない場合は、コスモシアターで月のお話や、天体望遠鏡で撮影した春から夏の星雲星団、春の星座などを解説していきます。

次回は、令和6年7月27日(土) 20:00~ 「夏の星を見よう」の予定です。

(状況によっては変更となる場合があります)

 

定員50人程度で、電話での先着順で受け付けております。
料金は1人200円(4歳以上)※月が見えないと予想される天気の場合、中止となりますので、当日ご確認ください。

ただし、コロナウイルス感染症拡大などの今後の状況により、中止となる場合もございますので、事前にご確認ください。

 

団体利用案内

コスモシアターでは、団体でのご利用を承っております。学校行事などに是非ご活用ください!

ご利用料金について
団体利用の扱い 原則として、4才以上の方が10名以上にさせていただきます。
※学校団体などが学校の行事でご利用される場合は、10名以下でもご利用できますので、お問合せください。
ご利用可能時間帯 平日の9:00から17:00(学校の長期休暇を除く)
ご利用料金
団体専用利用の「幼児用番組」「学習用番組」につきましては、お問合せください。
一般番組は下記の割引料金でご利用になれます.

人数 大人 小人 割引率
30~49人まで 360円 180円 1割
50~99人まで 320円 160円 2割
100人以上 280円 140円 3割
ご利用にあたっての注意事項
  • 団体でご利用の場合は、1週間前までに、事前にお電話でご予約をお願いいたします。
  • 団体予約受付は先着順に行っております。番組内容や開始時間は、先着順に決定いたします。
  • 人数が多い場合、入退場に時間がかかる場合がございます。ご利用の15分前までには、到着するようにご計画ください。
  • 都合により、他の団体のお客様と、同時にご利用いただくことがありますのでご了承ください。
  • 貸し切りバスで、ご利用する場合は、駐車場に限りがございますので、事前にご予約ください。
  • 電子メールでの団体予約はうけつけておりませんので、あらかじめご了承下さい。
投影番組
幼児用プラネタリウム番組はこちら
  • 全天周デジタル番組

これからご紹介するプラネタリウム番組は、幼稚園児、保育園児、小学校低学年児童を対象にした作品です。
これらの作品は、 楽しいキャラクターが登場し、星の世界などをわかりやすく案内する、こどもたちの情操教育が高められる内容になっています。

学習用プラネタリウム番組はこちら
  • 全天周デジタル番組

コスモシアターではこどもたちの理科教育のお役に立てるよう、学習用番組の投影も行っております。
学校の授業中では扱いづらい天体も、プラネタリウムを使えば、視覚、感覚の両面から天体、星というものをとらえることができ、学習効率の向上が望めます。これからご紹介する学習用番組は、難しいことにかたよることなく、こどもたちが興味をもって見れるような内容になっています。

貸館案内

コスモシアターは広く皆様にご利用いただけるよう、貸館も行っております。

※なお、プラネタリウム番組の投影などで使用できない場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

活用例
  • アマチュア音楽愛好家による演奏会
  • 音楽教室の発表会
  • 小規模なコンサート
  • ビデオ映像を活用した各種講演会、セミナー、研修会
  • 総会などの各種会合
料金表

天体案内

 今月の星空

 

 

南の空を見上げると、空高くしし座があります。しし座には、1等星レグルスが輝いています。また、しし座のデネボラと、おとめ座のスピカ、うしかい座のアルクトゥルスを結ぶと春の大三角が完成します。

北の空を眺めると、おおぐま座に輝く、北斗七星が見つかります。この北斗七星の柄の部分を伸ばすカーブを、春の大曲線と呼びます。このカ-ブの途中には、スピカ、アルクトゥルスが輝いています。
そしてさらに先に、四角形の形が目印になる、からす座が見えています。
いっぽう頭の上やや西よりに、かに座が輝き、その西側にふたご座があります。しかし、冬の星座・ふたご座はすぐに沈んでしまい、見えなくなっていくでしょう。
そして、、夜遅くなると、北東の空に、夏の星座・こと座のベガが昇ってきます。もう少しで、夏の星が見えてくる季節になりました。

 

 

 

5月の星空ガイド

5月の月の満ち欠け
1日(水) 8日(水) 15日(水) 23日(木) 31日(金)
下弦 新月 上弦 満月 下弦
明け方南の空に月が見える 星を見るのに絶好のチャンス 夕方南の空に月が見える 月明かりで夜空が明るく星が見つけにくい 明け方南の空に月が見える

 

惑星の動き
水星 金星 火星 木星 土星
見える方向

明け方東のたいへん低い空

肉眼では見つけにくい

 

見かけ上太陽に近く見つけるのは難しい

明け方東の低い空

見かけ上太陽に近く見つけるのは難しい 見あけがたの東の低い空
見える星座 うお座~おひつじ座 —– うお座 —– みずがめ座
明るさ 1~0等星 —– 1等星 —– 1等星

 

   5月の天文現象
 4日(土)~6日(月)、明け方東の空で、月と惑星が並んで輝く
 4日(土)の明け方の午前4時すぎ、東寄りの低い空に、細い月が見えています。時間がたつと、月が高く見やすくなりますが、空が明るくなっていきます。このため、月と星が一度に見やすいのが、午前4時20分ころになります。このころは、少し朝焼けが始まっていますが、土星などの惑星は十分見える明るさです。
そんな時間、4日は月のすぐ左側に土星、5日(日)は、月のすぐ左側に火星が見えるでしょう。土星と火星は、1等星ですので、天気さえよければ、肉眼でもすぐに見えます。
そして、6日(月)には、月の高さが低くなり、火星から左下へ離れていきます。この日、月の左下には水星があるのですが、高さが極端に低く、双眼鏡などを使わないと見えないでしょう。
今回の接近は、東の空のかなり低いところで起こります。できるだけ見晴らしがいいところで、早起きをしてご覧ください。また、5倍程度の小さな双眼鏡などがあれば、より簡単に見ることができるでしょう。
 6日(月)、明け方、みずがめ座流星群が極大
 6日(月)明け方に、みずがめ座流星群が、極大(一番多くなる)となります。 みずがめ座流星群は、特に東の空に多く現れます。放射点は、真夜中すぎに昇り、明け方にかけだんだん高くなります。よって、放射点の高くなる明け方前の午前2時ころから午前4時ころに、流星を見ることができます。なお、今年は月明りがなく、いい条件です。ただ、実際見られる流星は少なく、極大のころ、松山市内で1時間あたり数個程度でしょう。また、街明かりのない条件が良い所では、1時間に5~10個くらいの流星が見えるかもしれません。なお、この前の、4日(土)と5日(日)の明け方も、同じくらいの流星が見られます。4日から6日の明け方の晴れた時に、見るといいでしょう。そして、流星を見た後は、空が明るくなるまで、月と惑星の接近をお楽しみください。
 春の星を見つけよう
 春の夜空には、「春の大三角」と呼ばれる大きな三角の形に並ぶ星があります。その中で最も明るい星が、「うしかい座」の「アルクトゥルス」です。
「アルクトゥルス」は、21時ころですと、東の空高く見えるいちばん明るい星です。この星を目印に、南の空を眺めると、右下に「おとめ座」の「スピカ」、右側に「しし座」の「デネボラ」が見つかります。そして、これらの星を図のように結ぶと、「春の大三角」が完成します。
図は、21時ころ南の空を見た時の様子です。左が東、右が西になります。またちょうど頭の上に見える、「コルカロリ」と「春の大三角」を結ぶと、「春のダイヤモンド」が完成します。この他、北の空には、「北斗七星」が輝いています。この先の星の並びを結んで南側に延びていくカーブを、「春の大曲線」と呼びます。この途中には、「アルクトゥルス」、「スピカ」が輝いていることになります。なお、この二つの星は、春の夜空で明るく目につく星で、春の夫婦星と呼ばれています。いっぽう、「デネボラ」や「コルカロリ」は、少し暗めの星なので、分かりにくいこともあります。

 

 

夕方、西の低い空に木星が輝いています。ただし、空が暗くなることは、沈んで見えなくなっていきます。
いっぽう、夜空の星座は、西の空に冬の星座が輝いています。そして、南から東に目を向けると、春の星座が輝きます。今月は、冬から春へと季節が移り変わる途中の星空となります。
南の空の春の星座は、空高くしし座があります。しし座には、1等星レグルスが輝いています。また、しし座のデネボラと、おとめ座のスピカ、うしかい座のアルクトゥルスを結ぶと春の大三角が完成します。
北の空を眺めると、おおぐま座に輝く、北斗七星が見つかります。この北斗七星の柄の部分を伸ばすカーブを、春の大曲線と呼びます。このカ-ブの途中には、スピカ、アルクトゥルスが輝いています。
そして、さらに先に、四角形の形が目印になる、からす座が見えています。
また、頭の上やや西よりに、かに座が輝き、その西側にふたご座があります。そして、南西の空に見える、冬の大三角やオリオン座などは、高度が低くなり、だんだんと見つけにくくなってきました。

 

4月の星空ガイド

4月の月の満ち欠け
2日(火) 9日(火) 16日(火) 24日(水)
下弦 新月 上弦 満月
明け方南の空に
月が見える
星を見るのに
絶好のチャンス
夕方南の空に
月が見える
月明かりで夜空が明るく
星が見つけにくい

 

惑星の動き
水星 金星 火星 木星 土星
見える方向 —– —– 明け方、

東の低い空

夕方、

西の低い空

明け方、東の低い空
見える星座 —– —– みずがめ座 おひつじ座 みずがめ座
明るさ —– —– 1等星 -2等星 1等星

 

 4月の天文現象
  10日(水)、西の空で、月と木星が並んで輝く
10日(水)の19時ころ、西の空に、細い月が見えてきます。そして、19時30分ころになると、空がしだいに暗くなり、星が見えてきます。
そんなころ、月の左上に、大変明るい星が見えてきます。この星が木星です。木星は-2等星で、普通の1等星の20倍くらい明るいので、大変目につくでしょう。
そして、翌日の11日(木)には、月が木星の上に移動しますが、まだ、月と木星が並んだ状態になっています。また、11日は、月のすぐ上に、すばるという星の集まりがあります。できれば、小さな双眼鏡などを使ってご覧いただくと、月とすばるの接近がよく分かるでしょう。
ところで、木星のすぐ右下に、ポン・ブルックスすい星と呼ばれる、ほうき星があります。ただし、明るさが4等星から5等星で、肉眼では見えません。また、高さが低く、街の明かりの影響を受け、尾をみることも難しいでしょう。ただし、双眼鏡などを使うと、うっすらと雲のように見えるかもしれません。
今回の接近は、月と木星、すばる、すい星が並ぶ大変珍しい現象です。高さが低く街の明かり影響が多いので、できるだけ空の暗い郊外で、観察することをお勧めします。また、すぐに沈んでしまいますので、西の空の見晴らしがいいところで、20時ころまでにご覧ください。
  22日(月)、こと座流星群が極大
  こと座流星群は、22日(月)の夕方ころに極大(一番多くなる)となります。こと座は、真夜中前に昇り、明け方にかけ、だんだん高くなります。よって、22日(月)深夜から23日(火)の明け方に、たくさんの流星を見ることができます。
ただし、22日夜から23日の明け方は、ほぼ満月の月が輝き、条件は良くありません。このため、松山市内では、23日の明け方前に、見られる流星の数は、多くて1時間あたり数個くらいでしょう。そして、街明かりのない条件が良い所では、1時間に多くて5個程度の流星が、見られるかもしれません。なお、主に見られるのは、東の空です。
  24日(水)、ピンクムーン
  4月の満月を、ピンクムーンと呼びます。なぜこの名前が付いたか、正確な理由は分かりませんが、花が美しいく咲くころから、ついたのかもしれません。4月の空はかすみがかかり、空がぼんやりと白くなることが多くなります。このため、月もぼんやりと見えることが多くなります。また、大気の影響で赤く見えることもあります。さて、どんな色に見えるでしょうか?月の色が変わって見えるのは、19時30分から20時ころです。月が空高く昇ると、白色になるので、20時ころまでがチャンスです。月の見える方向は、東の空です。高さが低いので、見晴らしがいい所でご覧ください。
  北極星を見つけよう
北極星は、ほぼ真北に見え、ほとんど動くことがなく、北の方位を教えてくれる星です。しかし、明るさは2等星で、特別明るい星ではなく、時々わからなくなることがあります。
こんな時は、北斗七星の星の並びから、見つけることができるのです。北極星の場所は、右のように、北斗七星の端の二つの星を結んで、その間隔を5倍延ばした所となります。
北の空の星は、北極星をほぼ中心に、時計の針と反対方向に動いています。このように北極星は、北の方位を教えてくれるだけでなく、星の動きもお教えてくれますので、もし北斗七星が見つかったら、北極星を捜してみて下さい。なお、右の図の方法で、カシオペヤ座からも北極星を見つけることができます。ただ春の時期は、カシオペヤ座の高度が低く、見つけるのは難しいでしょう。

 

2023年12月号

2023年11月号

2023年10月号

2023年9月号

2023年8月号

2023年7月号

2023年6月号

2023年5月号

2023年4月号

2023年3月号

2023年2月号

2023年1月号

 

2022年12月号

2022年11月号

2022年11月皆既月食特別号

2022年10月号

2022年9月号

2022年8月号

2022年7月号

2022年6月号

2022年5月号