桜が見ごろです


考古館のまわりにある桜がきれいに咲いています。
雨が心配ですが、今週末には見ごろになりそうです。

古代体験教室『染物体験~藍~』 その3


開いて見るまでは、作品の模様はどんなになるのかわかりません。

 

ふんどう君
また、作品を作りに来てくださいね。
本日はありがとうございました。

よみがえる古代の建物


3月23日(月曜日)

 

カヤ葺き屋根の葺き替えが終わり
25年ぶりに設置当時の姿にもどりました。

松山市考古館の高床倉庫は、昭和46年に市内南江戸町の古照遺跡(こでらいせき)で発見された灌漑(かんがい)用の堰(せき)の部材に高床倉庫のリサイクル材が使用されていたことから、屋外に復元展示したものです。

高床倉庫に使われていたリサイクル材の一部は考古館 常設展示室で展示しています。

 
 

ふんどう君
ぜひ、よみがえった古代の建物を見に考古館へお越しください。


カヤ葺き屋根の葺き替え<大きな縫い物!>


3月2日(月曜日)

 

だいぶ覆われてきました。


職人さん曰く
「カヤの一つひとつを観察して、
日陰には集めたカヤの中で一番いい部分を使っとるんよ。
一日でも長持ちするように工夫しとるんよ。 それが職人ってもんじゃき。」


棒の先端の穴に紐が入っていて、
まるで大きな縫い物をしているようです。


軒先をぱんぱん叩いて、
きれいに整えていきます。

カヤ葺き屋根の葺き替え<葺き替え作業>


 

2月27日(金曜日)

 

屋根の葺き替え作業がはじまりました。

 

カヤの皮を一つひとつ、むいて整えていきました。

軒先から順々に上に重ねます。合わせて8層の予定。
職人さん曰く
「雨風にさらされる部分は、カヤの一番強い根っこ部分を選んでるんよ。」

一日でだいぶ進みました。

古代体験教室『染物体験~藍~』 その2


 

 

ふんどう君
ハンカチを染める前に和紙で折り方の練習です。


 

輪ゴムで作った絞りです。

 

 

きれいなハートができました。

 

ふんどう君
みなさん、それぞれの色んな模様が出来ました。
次回も作品作りにお越しください。ありがとうございました。


カヤ葺き屋根の葺き替え<カヤの撤去>


 

2月23日(月)

古くなったカヤの撤去がはじまりました。

たくさんのカヤが使われていたのにビックリ!


葺き替え工事の見学会を開催します。
興味のある方は、
ぜひお越しください。

見学会のスケジュール
【場 所】 3月1日(日曜日) ①10:30~11:00 ②13:30~14:00 ※雨天の場合は中止です。
【場 所】 松山市考古館 高床式倉庫前
【内 容】 高床式倉庫のカヤ葺き屋根の改修をしている現地で、葺き替えの方法などを専門職員が説明します。 ※屋外での説明です。
【参加料】 無料
【申込み】 不要

カヤ葺き屋根の葺き替え<足場の組み立て>


 

2月19日(木)

 

考古館にある高床式倉庫。
カヤ葺き屋根の老朽化のため葺き替え工事がはじまりました。


建物のまわりに足場が組み立てられました。

古代体験教室『染物体験~茜~』


 

 

2月10日(火) 10:00~

 

染物体験~茜~の古代体験教室がありました。

折り方が同じでも、
一つ一つ模様の出方が違ってきます。

 

みんなの作品で、茜色に染まりました。

 

 

春はもうすぐ


 

2月18日(水)

 

考古館にある 『サンシュユ』 のつぼみがふくらみ
もうすぐ咲きそうです。

中国から薬の木として伝わり
『ハルコガネバナ』 ・ 『アキサンゴ』 といった
美しい別名もあります。

 

もうすぐ春ですね。