常滑焼・渥美焼のこと(その2)

投稿者| sekifu in 出土物整理 | コメントを残す

 前回は常滑焼・渥美焼の特徴や歴史についてお話しましたが、今回は北条河野地区別府遺跡から出土したものについて書きたいと思います。

 出土したのは小さな破片ばかりで20点以上はありますが、焼き物の特徴をとらえて図や写真として皆さんに見ていただけるのは10点に満たないという状態です。

 その中で口縁(口の部分)の破片は5点です。全て前回に掲載した写真の大甕と同じで、外に大きく反って、先端は丸く、そのすぐ内側には窪んだ溝状の線が廻っています。このような特徴を持つのは、12世紀後半(平安時代末~鎌倉時代初め頃)のもので、それより新しくなると先端が上下に徐々に広がって、「T」を横に倒したような断面になります。このことから、本遺跡で出土したものは12世紀後半に作られたことが分かります。

 常滑焼・渥美焼の形はインターネットでも写真を見ることができますので、ここではあまり細かいことは触れません。

 ここからは、常滑焼や渥美焼の胴部に付けられた押印(おういん)文についてお話したいと思います。押印文は甕・壺のような大型のものを中心に、胴体部分に付けられるスタンプ状の文様です。初めは木の板に筋状や格子状の模様を彫り、甕や壺を作る時に粘土を叩き締める目的で胴体部分のほぼ全体を連続的に叩いていたようですが、だんだんと花や木の葉、車輪といった意匠を持つ模様で、胴体の1~数か所だけに押し付けるというものも現れるようです。ここに掲載した本遺跡出土のものは、筋状に円弧状のものが合わさった模様が付けられています。押印文の研究者によると、この意匠が使用されるのは12世紀中頃から後半が大半で、13世紀まで残ることはほとんどないと記されており、上に書いた口縁部の時期とほぼ一致しています。

 これらのことから、本遺跡で出土した常滑焼と渥美焼の甕は12世紀後半頃に作られ、伊予の風早郡(北条地区)にやって来たことが分かります。運ばれた経緯や経路まではわかりませんが…

 ちなみに下の写真の左側が常滑焼、右側が渥美焼のものです。写真ではわかりにくいと思いますが、押印文の研究者にうかがうと、まず器壁の厚さで分けることが可能(左側が約6㎜、右側が約11㎜)で、さらに押印文の明瞭さの違いなども考慮することで見分けることができるようです。(S)

常滑焼・渥美焼の押印文

 

常滑焼・渥美焼の押印文拓影

 

常滑焼・渥美焼のこと(その1)

投稿者| sekifu in 出土物整理 | コメントを残す

 みなさんは「常滑(とこなめ)焼・渥美(あつみ)焼」ってご存知ですか?
 ”よく知っている”、”名前だけは聞いたことがある”、”初めて耳にした”など、いろいろな方がいらっしゃると思います。
 今回はその常滑焼・渥美焼について少しお話をさせていただきます。なぜかと言うと、一昨年の冬に調査をした北条河野地区の別府遺跡で出土した土器や陶磁器の中にわずかですが混じっていて、今それらの整理をしているので、これまでに勉強したことや解ったことについて、みなさんにお伝えしたいと思ったからです。

 まず、常滑焼・渥美焼がどのような焼物かということについて少しお話します。これらは備前焼や信楽焼などと同じ、「炻器(せっき)」「焼締め」などと呼ばれる陶器です。表面の色は鉄分を多く含むことから褐色で、本遺跡から出土したものの中にも、黒っぽい鉄分が斑点のようにたくさん浮き出たものが見受けられます。

 常滑焼は現在の愛知県の知多半島で、渥美焼は東側の渥美半島で焼かれていました。地元では知多半島で焼かれたものを「常滑焼」、渥美半島のものを「渥美焼」と呼んでいます。

 常滑焼・渥美焼の歴史を見ると、尾張地方で始まった「猿投(さなげ)窯」が元になっています。猿投窯では、8世紀代に燃料の薪などの灰が溶けて降りかかる自然の釉(うわぐすり)を人為的にかかりやすくする方法が編み出され、原始的な灰釉陶器という焼物を作り始めました。9世紀の初めには焼く前に釉を刷毛で塗るという方法が編み出され、9世紀半ば以降には岐阜県や静岡県でも同様の窯での生産が始まります。10世紀に入ると、猿投窯そのものが周辺に拡散をはじめ、瀬戸物として有名な「瀬戸焼」の源流となる窯もその頃に築かれました。

 その流れのひとつとして、知多半島や渥美半島でも陶器の生産が始まりました。常滑焼は知多半島に展開し、近世以降も生産され続けています。このうち12世紀初め(平安時代終わり頃)から16世紀に生産されたものを「中世常滑窯」と呼ぶこともあります。渥美焼の生産が開始されたのは常滑焼とほぼ同じですが、13世紀末(鎌倉時代)には途絶えてしまいます。

 常滑焼と渥美焼は一見同じように見えますが、細かく見ると形や厚みのほか模様の付け方なども少し違っているようで、専門に研究している方に見せると、小さな破片でも見分けていただけます。

 渥美焼は早い時期に生産が途絶えてしまいますが、常滑焼は17世紀以降、窯の構造や燃料、生産する品物の種類などに変化を加えながらも、現在まで続いています。

 

常滑焼の甕

  この写真は常滑焼の甕で、愛知県陶磁美術館のご協力と許可を得て掲載しています。

 

 

衣山内宮田遺跡の発掘調査

投稿者| sekifu in 発掘調査・試掘調査 | コメントを残す

 令和元年9月から1か月間、調査を行いました。調査面積は約280㎡です。調査範囲が狭かったため、遺跡の全体像を確認することはできませんでしたが弥生時代から古墳時代の竪穴建物跡や柱穴、溝跡などが見つかりました。
 竪穴建物跡はのちの時代に削り取られたり、調査範囲の外にも延びていたりして、全体を掘り出すことはできませんでしたが、少なくとも一辺5m以上の四角い建物であることや出土した土器から古墳時代初め頃のものであることが分かりました。
 柱穴は口の部分の直径が20㎝前後の小さいものから、80㎝を超える大きなものまであり、それぞれに見合った建物があったようです。”建物があったよう“という書き方をしたのは、調査範囲の狭さから、全体の規模がほとんど分からなかったからです。
 でも将来、隣の土地を含めてもっと広い範囲を調査することがあれば、きっといろんなことが分かってくると思います。
 この遺跡の周囲には、もうなくなってしまいましたが、永塚古墳という長さ約28mの大きさの前方後円墳をはじめとする多くの古墳があります。さらに弥生時代から近世にかけての集落跡、古代の瓦窯跡など、長い間私たちの祖先がが生活し、物を作り、そして葬られるという営みの跡がたくさん見つかっています。

発掘風景(西より)

完掘全景写真(東より)

南江戸上沖遺跡の遺物

投稿者| kidai in 出土物整理, 報告書作成, 未分類 | コメントを残す

 南江戸上沖遺跡は平成27年9月~平成28年7月まで発掘調査(屋外調査)を行いました。

区画溝

南江戸上沖遺跡からは、鎌倉時代の建物を区画する溝が見つかっています。現在は、報告書作成のための整理作業(屋内整理)を行っています。その中で見つかった遺物について紹介いたします。

石鍋

石鍋の断面

 今回は、井戸から見つかった石製の鍋です。口頸部に釜のように鍔状の突帯を巡らします。

石鍋・いしなべ(滑石製)復元口径28.6㎝、厚みは1.4㎝を測る。

 石鍋の産地は、長崎県西彼杵(にしそのぎ)半島で製作されたものが多く、製作所の規模も最大で、製作所跡が24カ所で確認されています。今回の出土品も長崎県産と考えられます。滑石は硬度1の軟質の鉱物であり、加工がしやすく保温性に富む特徴があります。滑石製の石鍋は、平安時代末から中世に西日本に、広く流通した厨房具(ちゅうぼうぐ)です。

木製品『杓』

投稿者| doguu in 出土物整理, 文化財, 発掘調査・試掘調査 | コメントを残す

 令和2年2月に祝谷大地ヶ田遺跡7次調査で出土した木製品『杓』の保存処理が完了しましたので、今回はこの『杓』と他の遺跡から出土した『杓』2点も併せて紹介します。

写真① 出土遺跡 祝谷大地ヶ田遺跡7次調査 溝出土
            所属時期 弥生時代前期
            大きさ 長さ 5.1㎝  幅 8.2㎝ 高さ 29.3㎝
            特  徴 把手の部分が丁寧に磨かれ加工されています。一木造り。                                 

写真② 出土遺跡  釜ノ口遺跡9次調査 溝出土
            所属時期 弥生時代後期
            大きさ  長さ 49.0㎝  幅 16.0㎝ 高さ 10.5㎝ 
            特  徴 裏面には首部や柄部が表現されています。一木造り。

写真③ 出土遺跡  釜ノ口遺跡11次調査 自然流路出土
            所属時期 弥生時代中期後葉~古墳時代中期
            大きさ  長さ 29.4㎝  幅 16.4㎝ 高さ 16.2㎝
            特  徴 完形品。一木造り。

写真①祝谷大地ヶ田遺跡7次調査

写真②釜ノ口遺跡9次調査

写真③釜ノ口遺跡11次調査

 

東垣生八反地(ひがしはぶはったんじ)遺跡6次調査で発掘調査を実施中です。

投稿者| doguu in 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 松山市埋蔵文化財センターは、令和2年2月3日より松山市東垣生町内にて(仮称)松山市新垣生学校給食共同調理場整備事業に伴う埋蔵文化財の発掘調査を実施しています。

 調査地周辺では、平成26年度から28年度にかけて松山外環状道路(空港線)整備に伴う発掘調査が行われており、弥生時代から中世、室町時代までの集落遺構や生産遺構のほかに土器や石器、鉄製品等が発見されています。とりわけ、生産遺構では水田址が検出され、数千個に及ぶ人間や牛の足跡が見つかり、鎌倉時代後半から室町時代に存在した水田址であることが調査の結果、判明しました。また、集落遺構では弥生時代や古墳時代の竪穴建物をはじめ、平安時代から鎌倉時代の建物址や溝のほかに、井戸址や土壙墓(どこうぼ)などが発見されています。

調査風景(西方向から撮影)

 2月21日現在、本調査では水田址が検出されており、畦畔や足跡を確認しました。調査対象面積は約2,000平方メートルで、調査の終了は令和2年7月末頃を予定しています。今後の予定は、検出した遺構の掘り下げ後、測量及び写真撮影などの記録保存を行います。なお、7月後半には一般市民の方を対象とした現地説明会を開催する予定です。これからも、調査の進捗状況を随時、報告してまいります。

水田面検出状況 (西方向から撮影)

 

下難波腰折(しもなんばこしおれ)遺跡1次調査で古墳が4基みつかりました。

投稿者| doguu in 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 調査地は腰折山南麓の尾根上、標高40m~50mにあります。北条平野では山麓尾根上や独立丘陵上に古墳が多数分布しています。特に古墳時代後期(6世紀)の古墳が群集する県内でも有数の古墳地帯であり、調査地はその一つにあたります。

 今回の調査(令和元年10月15日~令和2年1月31日)では、6世紀~7世紀にかけて築造された古墳4基(腰折1号墳~4号墳)を確認しました。いずれも墳丘と石室上部は消滅していましたが、石室の一部が残っていました。1号墳~3号墳は横穴式石室、4号墳は小さな竪穴式石室で、石室内からは副葬品の土器・鉄製品・装飾品などが出土しました。このうち1号墳(長さ3.1m・幅1.4m~1.8m・残高0.5m)からは須恵器、鉄斧・鎌・鑿・刀子・鉄鏃・轡などの鉄製品、耳環・管玉・切子玉・ガラス玉・臼玉・平玉などの装飾品が出土し、中でも翡翠製勾玉、碧玉製平玉、琥珀製平玉は県内でも出土例の少ない貴重な資料となりました。また、4号墳では木炭床を検出しました。木炭床は全国的にも珍しく、松山市では瀬戸風峠4号墳に次いで2例目となるものです。

 

 

 

試掘調査で出土した土器

投稿者| doutaku in 出土物整理, 発掘調査・試掘調査 | コメントを残す
試掘調査

埋蔵文化財センターでは、毎日のように市内のどこかに出かけて、試掘調査というものを行っています。
これは、埋蔵文化財包蔵地というエリア内で、建物が建てられるようなときに行うもので、地中をトレンチと呼ばれる長方形の箱型に穴を掘って、その場所に遺跡があるかないかを調べる調査です。

調査で出土した土器

このような試掘調査では、あまり大きな土器や珍しい完形品(欠けていない完全な形の土器)などはほとんどありません。大抵は手のひらに乗るぐらいの小さな破片の場合が多いのです。しかし、たまには大量に土器が投棄された状態を見つけたり、出土例が少ない貴重な遺物が出土したりします。ただし、本格的な発掘調査ではないので、出土の記録は残りますが、あまり表に出ることが少ない遺物たちです。

今回は、大量でも貴重でもなく、試掘調査で出土したちょっと珍しい遺物をご紹介します。

遺物4個体

土師器4個体

松山市内の南久米町で行った試掘で出土した14~15世紀の土師器の坏です。写真下の三つは土師器の坏ですね。底部が糸切りとヘラで切り離されてます。

そして下の写真がやや大きい器です。

これは口径14.8cm、器の高さ5cm、足の高さは1.5cmあります。
器の底部には三っつの三角脚が張り付いてます。
文様は写真でもわかりますが、外側に荒い線刻の沈線が4条巡って、線刻の間に円形の陰刻があり、その周りには半円形状の刺突列点が施されてます。
なんか菊の花のようにも見えます。

実測図

実測図

同時に出土した土師器からも時代は14~15世紀のものと思われます。さて、この土器はいったい何なんでしょう?
3脚付きの坏?、鉢?、皿?

関係者からは『香炉』説が有望で、ただその後二年以上たちますが、いまだ同じものには出会えておりません。珍しい出土例だと思います。

また、機会がありましたらこのような、試掘調査であったちょっと気なる話をします。

松山城三之丸跡で北御門西袖の城外側石垣と築城期の道路面が見つかりました。

投稿者| hajiki in 発掘調査・試掘調査 | コメントを残す

 松山城三之丸跡22次調査の確認調査を令和元年11月末から12月末の間実施しました。
 今回の確認調査は、史跡松山城跡の三之丸跡において、北御門西袖の石垣の確認を主目的として実施したものです。わずかに土塁の斜面に露出していた石材の位置と古絵図を参考にして、北御門西袖に調査区を設定しました。

確認された石垣と道路面

築城期の道路面

石の加工痕「矢穴」

 

〔調査でわかったこと〕 
 調査の結果、北御門西袖の城外側を構成する石垣と築城期の道路面を検出することができました。石垣に使用された石材の中には、一辺長が1.3m四方に達する大型のものが含まれています。東御門の石材と比べて全般的に大きいことから、三之丸御殿に隣接するこの門が、城の正門にあたる大手門であった可能性が高くなりました。
 なお、今回の調査区内では、礎石など北御門を構成する遺構は検出されていません。石垣の位置を参考にすると、北御門は調査区に接する公衆トイレの真下から道路を挟んで東の旧国立がんセンター跡地の西端にかけて埋もれているものとみられます。

 

久米才歩行(くめさいかち)遺跡8次調査。

投稿者| doguu in 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 久米才歩行遺跡はこれまでに7次の調査が行われ弥生時代から中世までの集落に関係する遺構や遺物がたくさん見つかっています。調査は7月16日(火)~8月15日までの間に行いました。調査面積は約90㎡です。

 見つかった遺構は、弥生時代中期初頭(約2100年前ごろ)に埋まったと考えられる自然流路1条のほか、古代末~中世にかけての土坑1基、溝1条が見つかりました。出土した遺物は少ないですが、縄文土器、弥生土器、土師器、須恵器のほか石包丁や石斧などが出土しました。

 調査地の西約100mには久米才歩行遺跡7次調査地があり、弥生時代前期末~中期初頭の竪穴建物が見つかっています。今回の調査でも同じ時期の自然流路が見つかり、土器や石器などが出土したことから、調査地周辺にも集落域が広がっていることがわかりました。