埋蔵文化財センターの仕事について[展示会の準備]

投稿者| doguu in 出土物整理 | 埋蔵文化財センターの仕事について[展示会の準備] はコメントを受け付けていません

埋蔵文化財センターに附属する松山市考古館では、年に5回ほど展示会を開催しています。
今回は、その準備の様子を紹介します。

まずは、
テーマを決めて、展示する遺物や写真などをピックアップ。

たくさんある遺物の中から選ぶのは大変!
とっても時間がかかります。

展示品が決まったら、
遺跡や遺物の説明文を書き、複数の人でチェックします。
OKが出たらパネルに貼ります。

 

空気が入らないように…
慎重に…

収蔵庫から展示室に、遺物や写真を運び入れます。

 

どこに置いたら伝わるかな…
様々なことを考えながら置いていきます。

壁には、発掘時の写真がたくさん。

 

写真の下に説明パネルを貼ります。
まっすぐかな?水平かな?

 

ばっちりです。

展示室の設営は約5日間で完了です。

 

伝えたいことが伝わるかなぁ。

現在、考古館は長寿命化のための大規模改修工事に伴い11月30日まで閉館中です。
12月から、きれいになった考古館に ぜひお越しください。
(次の展示会は『いにしへのえひめ』の予定です)

 

埋蔵文化財センターの仕事について[銭貨の保存処理(前編)]

投稿者| doguu in 出土物整理 | 埋蔵文化財センターの仕事について[銭貨の保存処理(前編)] はコメントを受け付けていません

 金属製品、木製品、動植物遺骸体(いがいたい)など、発掘調査で出土したままの状態で保管すると、近い将来には変形してしまい形が無くなってしまう遺物を、できる限り出土した状態の形を保つために行う処置を保存処理といいます。

 この処置を行う専門部署が保存処理室になります。今回は、出土した銭貨の保存処理を紹介します。

 現場で出土した銭貨は、処理室へ持ち込まれます。まず、現状の写真を撮り(写真1)、銭貨の状態(錆の進み具合、ヒビ割れの有無など)をチェックします。

写真1 撮影風景

 次に、付着している土やゴミなどを、水やアルコールで洗浄します(写真2)。

写真2 洗浄作業

 洗浄し乾燥した後に、洗浄で取り除けなかった土、ゴミ、錆(さび)ぶくれなどを顕微鏡で観察しながら慎重に除去していきます(写真3)。

写真3 クリーニング作業

 綺麗になり銭名の漢字が読めるようになれば、書籍資料など(写真4・5)の拓本と照合して、作られた時代などを判読し記録します(写真6)。

写真4 参考文献

写真5 銭名と拓本

写真6 照合作業

 その後は、銭貨の錆が進行しないような処置や、本体の補強及び酸素から遮断する樹脂含浸処置を行います。これは後編にて紹介します。

 

埋蔵文化財センターの仕事について【写真の撮影】

投稿者| hajiki in その他, 出土物整理, 報告書作成 | 埋蔵文化財センターの仕事について【写真の撮影】 はコメントを受け付けていません

 こんにちは、スタジオです。

 今回は、遺跡から出土した土器などを写真で記録する仕事についてご紹介します。

 調査で出てきた遺物は、洗浄・復元の後、図面や写真、文章などでしっかり記録します。時には消失することもある物の姿を、全てとはいえないにしろ「記録保存」します。その情報は、実物に代わっていつでもどこにでも伝えられますが、写真は、撮り方・掲載の仕方によってずいぶん印象が違ってきます。

写真1

 「写真1」は、束本遺跡4次調査の発掘調査報告書で撮影・使用したものです。
 遺物の形や色がよくわかるように、ガラスの上に載せて影を出さないよう撮影しています。

写真2

 「写真2」は、写真1の下段左から2番目の石器です。
 昨年出版された、埋文センター30周年記念誌『発掘 松山の至宝』用に改めて撮影しました。
 全長8㎝の小さな物の存在感を出すために、硬めの光で加工痕を強調し、あえて立たせて影を出しています。

 この石器の写真は、狩りの道具の代表として丸々1ページを飾ることになりました。
 地味で小さな遺物なので、もう少し見栄えを良くするために背景を工夫して、本に採用したのが「写真3」です。

写真3

 遺物を引き立たせるためと本全体のバランスを考えて、派手な色の背景は使いません。

 

 遺物写真の基本は、形や色や作り方などをなるべく客観的に表すことですが、使用目的によっては優先させる要素が変わってきます。難しいこともありますが、ライトを当てた遺物が想定以上の姿を見せてくれるときは、嬉しいものです。

 

 

埋蔵文化財センターの仕事について【土器の実測】

投稿者| hajiki in その他, 出土物整理, 報告書作成 | 埋蔵文化財センターの仕事について【土器の実測】 はコメントを受け付けていません

前回お伝えした接合作業に続いて、今回は、遺跡から出土した土器などを図面にし、記録する仕事についてご紹介します。

この作業のことを「実測(じっそく)」といいます。

土器についての情報を分かりやすく、客観的に伝えるため、図面にするのです。

実測では、真正面から見た形を図面におこし、左半分に立面(正面から見た状況)を、右半分に断面と内面の状況を書きます。

   図面にする実物の土器               実測した図面  

 

具体的には、全体の形を描き、断面の厚みを計測し、土器の表面(外面と内面)に残る文様、作り方、使われ方などの痕跡を見つけ、図面に書き加えていきます。
土器をぺたぺた触って、昔の人がどんなふうに作ったのかを想像しながら。。。

  土器を実測している様子(その1)   土器を実測している様子(その2)

気が遠くなるような作業です・・・

日本ではおよそ90年前からこの方法で、手作業で実測をしています。

最近では3次元のレーザー計測機が使われたりもするそうですが、埋文センターでは、昔ながらの手法でがんばっています。

 

埋蔵文化財センターの仕事について【土器の復元】

投稿者| hajiki in お知らせ, 出土物整理, 報告書作成 | コメントを残す

こんにちは。復元室です。

 私たちの部屋には、松山市内で発掘された土器が(ほとんどがバラバラに割れた状態)で運ばれてきます。

 その一つひとつを元の状態に復元していきます。

 接合できるものを探しだして・・・

このような状態になるまで頑張ります。

 完成したらこのブログでお知らせしたいと思います。

 小さな土器の破片を元の形に戻すのはとても大変な作業ですが、やりがいのあるとても楽しい仕事です。

埋蔵文化財センターの仕事について

投稿者| hajiki in お知らせ, その他, 出土物整理, 報告書作成 | コメントを残す

 これから数回に分けて、松山市埋蔵文化財センターで行っている仕事について、少しずつご紹介したいと思います。

 屋外の「発掘調査」について注目されることが多いのですが、埋蔵文化財センターでは「発掘調査」以外にも、遺跡から見つかった土器や石器など遺物の接合復元や実測(図化)・写真撮影・パソコンを使用した製図・本の作成・保存処理・展示会の開催・試掘調査など、皆で協力しながら様々な仕事を行っています。

 次回からは、実際にその仕事を行っている担当者目線で仕事の内容や魅力などについて紹介します。1回目は今月下旬に掲載予定ですので、しばらくお待ちくださいませ。

松山城三之丸跡23次調査の成果

投稿者| hajiki in 現地説明会, 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 昨年度調査(22次調査)の東、園路を挟んだ地点を調査した結果、三之丸北御門の東袖を構成する石垣を計4基、新たに検出しました。門の礎石を確認することはできませんでしたが、門と北土塁が接する4か所のうち3か所の位置を特定することができました。北御門は三之丸御殿に隣接することから、松山城の正門にふさわしい立派な門であったとみられます。

石垣4全景(北北西より)

『発掘松山の至宝』が刊行されました。

投稿者| hajiki in 発掘調査・試掘調査 | コメントを残す

 松山市立埋蔵文化財センター・松山市考古館は平成元年のオープン以来、これまでに約600ヶ所の遺跡を発掘調査し、旧石器時代から近代に至る松山の歴史が次々と明らかになってきました。
 その中でも、地中に眠る貴重な遺物に焦点を当て、モノに込められた古代人の思いや、そこに生きる人々の息吹を感じていただきたく、『発掘・松山の至宝』を発行しました。

第1章 遺跡から知る松山の歴史では、考古館の常設展示室から、時代ごとに松山の歴史を解説しています。
第2章 松山に眠る「至宝」では、松山を代表する考古資料(モノ)を「至宝」として解説しています。
第3章 テーマで見る松山では、松山の考古資料(モノ)を様々なテーマで解説しています。

下難波腰折遺跡2次調査

投稿者| hajiki in 発掘情報展, 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 下難波腰折遺跡2次調査は、昨年度に調査を行った1次調査に続く2回目の調査になります。1次調査地では古墳4基が見つかり腰折2号墳では木炭床が確認されるなど大きな成果を上げることができました。
 今回の調査地は、1次調査の南西150mの東方向から西方向に下る尾根上の標高26~28mに位置します。調査前の現況は、ミカン畑でした。眺望は西方に開け、瀬戸内の多くの島々を望むことができます。調査で見つかった主な遺構は古墳3基(腰折5号墳~7号墳)、性格不明遺構1基(SX1)です。見つかった古墳の埋葬施設は、いずれも壊れていて全容は不明ですが5号墳は横穴式石室、6~7号墳は石室形態不明の小さな石室です。遺物は、石室内や周溝などから出土した埴輪や須恵器のほか、鉄器や装飾品が出土しています。以下、見つかった遺構について概略します。
[腰折5号墳] 石室と周溝を検出しました。墳丘盛土は、一部を残すのみでほとんど失われていました。石室は、南側に開口する両袖式の横穴式石室です。壁体は奥壁から入口にかけて2段~4段を残していました。天井石は石室内への落下も無く、周辺にも見られませんでした。
石室規模は長さ5.76m(玄室長4.36m)、幅1.80~1.30m、残高1.20mを測ります。玄室床面は直径2.0~6.0cmの玉石を貼床(厚さ6.0~8.0cm)上に敷き詰めて礫床としています。
   遺物は土師器、須恵器、鉄器、装飾品があります。土師器は坏、須恵器には高坏、短頸壺、長頸壺、提瓶、鉄器は大刀、鉄鏃、鋤先、刀子、轡、装飾品では耳環、管玉、切子玉、勾玉、平玉、棗玉、ガラス小玉、粟玉など150点以上が出土しています。このうち勾玉は水晶(すいしょう)、平玉は碧玉(へきぎょく)、棗玉(なつめだま)は琥珀(こはく)で作られています。
   周溝は、石室中央から東側7.0mで検出しました。南、北、西側では検出していません。検出規模は幅3.00m、深さ0.30~0.40mを測ります。
古墳の墳形と規模は、検出した周溝の形状などから直径14m前後の円墳と考えられます。時期は6世紀中頃に比定しています。
[腰折6号墳] 5号墳から東へ24mで石室のみを検出しました。墳丘の盛土はすべて失われ、周溝などの施設も見つかっていません。このため墳形、規模とも不明です。壁体は基底石の1段を残すのみで部分的に抜き取られています。石室中央部には東西方向に灌漑用水のパイプ溝が掘られています。検出規模は石室内法で長さ1.10m、幅0.54m、残高0.32mを測ります。床面は、直径2.0~4.0cmの玉石を貼床(厚さ3.0~4.0cm)上に敷き詰めています。遺物は南側の奥壁沿で須恵器の短頸壺が1点出土しています。そのほか、床面で馬具やガラス玉などが出土しています。時期は出土遺物より6世紀後半~7世初頭に考えています。
[腰折7号墳] 6号墳から東へ29mで石室のみを検出しました。墳丘の盛土はすべて失われ、周溝などの施設も検出していません。このため墳形、規模とも不明です。石室南側には東西方向に灌漑用水のパイプ溝が掘られています。壁体は基底石の1段を残すのみで部分的に抜き取られています。検出規模は石室内法で長さ1.60m、幅0.66m、残高0.28mを測ります。床面は、直径2.0~4.0cmの玉石を貼床(厚さ3.0~4.0cm)上に敷き詰めています。遺物は北側の床面上でガラス玉などが出土しています。時期は出土遺物より6世紀後半~7世初頭に考えています。
[SX1] SX1は5号墳の北側で検出した遺構です。平面形態は溝状を呈します。遺物は、埋土中より須恵器や鋤先が出土しています。時期は出土遺物より5世紀後半と考えられます。

   以上、下難波地区にはたくさんの古墳の存在が知られていますが、本各的な発掘調査の事例は少なく、様相が不明な地域でした。下難波腰折遺跡では、2次調査の3基の古墳を含め7基の古墳を調査することができました。いずれも、6世紀以降に築造された後期古墳と呼ばれる古墳でしたが石室形態や副葬品の種類など、下難波地区の古墳の様相を知る貴重な資料を得ることができました。

 出土品の一部は、松山市立考古館ロビーの発掘情報展コーナーにて、令和3年3月末頃まで展示の予定です。

調査地全景(東より)

 

腰折5号墳全景(北より)

腰折5号墳の石室入口(南より)

腰折7号墳石室完掘状況(西より)

腰折5号墳とSX1(東より)

SX1遺物出土状況(東より)

祝谷大地ヶ田遺跡9次調査

投稿者| hajiki in 発掘情報展, 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 調査地は、松山市祝谷五丁目の埋蔵文化財包蔵地『No,55 祝谷大地ヶ田遺跡』内の丘陵緩斜面上に位置します。祝谷大地ヶ田遺跡では、これまでに弥生時代前期から中期の土坑群や、古墳時代中期の前方後円墳(祝谷9号墳)、装飾付須恵器や装飾付大刀が副葬された古墳時代後期の横穴式石室などが見つかっています。
 今回の発掘調査は、令和2年7月から同年8月にかけて実施し、遺構や遺物包含層中より弥生時代から中世(一部に江戸期)の遺構や遺物が見つかりました。主な遺構は、溝3条、土坑19基、小穴68基、性格不明遺構3基で、弥生土器、石器、ガラス小玉、土師器、須恵器、陶器が出土しました。SK3は、平面形が1.15×1.05mの楕円形、深さ70~77㎝の土坑(貯蔵穴)で、下層から弥生時代中期の土器が出土しました。SX3は、SD1やSD2よりも新しい時期の遺構で、平面形が長辺4.10m×短辺1.80mの隅丸長方形状をしています。平坦な底面に柱穴と考えられる小穴を6基配置しており、弥生土器、サヌカイト剥片、土師器、古墳時代後期の須恵器などが出土しています。SK11は、平面形が1.20×0.80mの歪な楕円形をした土坑で、内部から弥生土器片が出土しているほか、赤色顔料、ガラス小玉(約40個体分)が出土しました。その特徴より弥生時代中期のガラス小玉である可能性が高く、非常に貴重な資料を得ることができました。

 出土品の一部は、松山市立考古館ロビーの発掘情報展コーナーにて、令和2年12月27日(日)まで展示しています。

遺構完掘状況(北より)

SK11ガラス小玉出土状況(西より)