カテゴリーの過去記事: 発掘調査・試掘調査

発掘調査・試掘調査について

東垣生八反地遺跡6次調査

投稿者| hajiki in 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 東垣生八反地遺跡6次調査は、松山市が実施する(仮称)松山市新垣生学校給食共同調理場整備事業に伴う埋蔵文化財の発掘調査です。調査地は松山市東垣生町651番外にあり、調査面積は約2,088㎡です。調査は令和2年2月3日(月 … Continue reading

「姫原遺跡3次調査を発掘調査しました」

投稿者| hajiki in 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 令和2年5月7日~6月19日の間、市内姫原町にある姫原遺跡3次調査を実施し、弥生時代~古墳時代の集落跡が確認されました。遺構は、竪穴建物跡2棟・土坑7基、溝3条、柱穴69基がみつかり、遺物は、弥生土器・土師器・須恵器・ … Continue reading

松山市指定有形文化財 掩体壕の確認調査を実施しました

投稿者| doguu in 文化財, 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 掩体壕は、太平洋戦争末期に造られた航空機の格納庫です。垣生・南吉田地区に63基造られましたが、現在は3基しか残っていません。このうち1基が平成30年に松山市の指定有形文化財に登録されました。今回の調査は、掩体壕の整備工 … Continue reading

衣山内宮田遺跡の発掘調査

投稿者| sekifu in 発掘調査・試掘調査 | コメントを残す

 令和元年9月から1か月間、調査を行いました。調査面積は約280㎡です。調査範囲が狭かったため、遺跡の全体像を確認することはできませんでしたが弥生時代から古墳時代の竪穴建物跡や柱穴、溝跡などが見つかりました。  竪穴建物 … Continue reading

木製品『杓』

投稿者| doguu in 出土物整理, 文化財, 発掘調査・試掘調査 | コメントを残す

 令和2年2月に祝谷大地ヶ田遺跡7次調査で出土した木製品『杓』の保存処理が完了しましたので、今回はこの『杓』と他の遺跡から出土した『杓』2点も併せて紹介します。 写真① 出土遺跡 祝谷大地ヶ田遺跡7次調査 溝出土     … Continue reading

東垣生八反地(ひがしはぶはったんじ)遺跡6次調査で発掘調査を実施中です。

投稿者| doguu in 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 松山市埋蔵文化財センターは、令和2年2月3日より松山市東垣生町内にて(仮称)松山市新垣生学校給食共同調理場整備事業に伴う埋蔵文化財の発掘調査を実施しています。  調査地周辺では、平成26年度から28年度にかけて松山外環 … Continue reading

下難波腰折(しもなんばこしおれ)遺跡1次調査で古墳が4基みつかりました。

投稿者| doguu in 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 調査地は腰折山南麓の尾根上、標高40m~50mにあります。北条平野では山麓尾根上や独立丘陵上に古墳が多数分布しています。特に古墳時代後期(6世紀)の古墳が群集する県内でも有数の古墳地帯であり、調査地はその一つにあたりま … Continue reading

試掘調査で出土した土器

投稿者| doutaku in 出土物整理, 発掘調査・試掘調査 | コメントを残す

試掘調査 埋蔵文化財センターでは、毎日のように市内のどこかに出かけて、試掘調査というものを行っています。 これは、埋蔵文化財包蔵地というエリア内で、建物が建てられるようなときに行うもので、地中をトレンチと呼ばれる長方形の … Continue reading

松山城三之丸跡で北御門西袖の城外側石垣と築城期の道路面が見つかりました。

投稿者| hajiki in 発掘調査・試掘調査 | コメントを残す

 松山城三之丸跡22次調査の確認調査を令和元年11月末から12月末の間実施しました。  今回の確認調査は、史跡松山城跡の三之丸跡において、北御門西袖の石垣の確認を主目的として実施したものです。わずかに土塁の斜面に露出して … Continue reading

久米才歩行(くめさいかち)遺跡8次調査。

投稿者| doguu in 発掘調査・試掘調査, 遺跡紹介 | コメントを残す

 久米才歩行遺跡はこれまでに7次の調査が行われ弥生時代から中世までの集落に関係する遺構や遺物がたくさん見つかっています。調査は7月16日(火)~8月15日までの間に行いました。調査面積は約90㎡です。  見つかった遺構は … Continue reading