‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

「プール安全管理講習会を実施しました(松山中央公園プール)」

お知らせ, 中央公園, 水泳 | by okada
6月 11 2024 年

(プール安全管理講習会)

 

松山中央公園プール(アクアパレットまつやま)では、令和6年6月15日(土)からの夏季営業開始に伴い、当財団の水泳上級指導員(中央公園職員)指導のもと、中央公園職員およびプール監視員を対象としたプール安全管理講習会を実施しました。

本講習会はプールでの事故防止や自己保全、事故に遭った際の対処や救助方法などの知識と技術習得を目的に、夏季営業前に毎年実施しております。

救助訓練では屋外25mプールで人が溺れたという想定で、プール監視員の笛や大声での協力要請、プールサイドまでの溺者搬送、それらと並行しての消防署への救急要請、自動体外式除細動器(AED)の使用までの一連の流れについて役割分担を確認しながら訓練を行いました。

松山中央公園プール(アクアパレットまつやま)では、これからも市民の皆様に安心して楽しくご利用頂けるように、関係者と連携を図り、プールの安全管理の徹底に努めてまいります。皆様のご利用お待ちしております。

 

 

 

「上級救命講習会に参加しました」

お知らせ, 中央公園, 水泳 | by okada
6月 09 2024 年

(上級救命講習会)

 

突然の怪我や病気はいつどこで起きるかわかりません。心臓や呼吸が停止した場合に何の応急処置も行わないと脳は約3分ほどで大きなダメージを受けてしまいます。しかし119番通報をしてから救急車が現場に到着するまでにかかる時間は全国平均で約8分。このわずかな時間に救命処置を行い、救急隊へのスムーズな引き継ぎが命を救う重要なポイントとなるのです。

年間約24万人(令和5年度)の利用があり、今月15日(土)からは夏季営業が始まる松山中央公園プール(アクアパレットまつやま)。施設内で溺者や傷病者が出ない事が一番ですが、万が一、自動体外式除細動器(AED)の操作や救急搬送などが必要となった場合、適切で迅速な対応が行えるよう当財団職員は定期的に講習会に参加しています。

心肺蘇生法や自動体外式除細動器(AED)の操作方法は何度も講習を受ける事で身につくものであり定期的な復習が大切です。中央公園から6名が参加した今回の上級救命講習会は8時間の長丁場でしたが、私たちが少なからず遭遇するであろう、プールサイドでの転倒事故等で想定される骨折や外傷の応急手当や搬送法の指導もあり、最後まで気を抜かず講習に臨むことができました。

 

 

 

 

「走り幅跳びの助走」

お知らせ, 陸上競技 | by okada
6月 04 2024 年

(石山大輝選手/神戸2024世界パラ陸上競技選手権)

 

先月開催された「神戸2024世界パラ陸上競技選手権」の男子走り幅跳び視覚障害T12クラスで、石山大輝選手(松山市出身)が自らが持つ日本記録を1cm更新する7m08cmをマークして銀メダルを獲得。パリ2024パラリンピック競技大会の日本代表にも内定しました。

走り幅跳びは「助走・踏切・空中動作・着地」の4つの動作がスムーズに連動することで好記録が生まれます。特に助走のスピードが跳躍距離に大きな影響をおよぼしますが、選手が助走を始めてから最高速に達するまでに要する歩数は17~20歩前後と言われており、1歩の歩幅を2mで計算すると助走距離は34~40メートルが理想的な助走距離となります。

ちなみに、助走の開始地点や歩幅の目安として、助走路の外側にはマーカー(目印)を2個まで置くことができますが、石山選手は助走の開始位置でもある49mに1個目、42m60cmに2個目のマーカーを設置しています。やや長めの位置からゆったりと助走に入ることで、踏切に向けてリズムよく走れるそうで、走り幅跳びを本格的に始めた頃より少しずつ助走距離が伸びてきたそうですよ。

 

※パリ2024パラリンピック競技大会の日本代表に内定した石山大輝選手を祝して、松山市総合コミュニティセンターに横断幕を飾っております。お近くにお越しの際には是非ご覧ください。

 

 

「防災訓練を実施しました」

お知らせ, 中央公園 | by okada
6月 03 2024 年

 

令和6年6月3日(月)に松山中央公園プール(アクアパレットまつやま)で防災訓練を実施しました。大規模な地震が起こり、機械室で火災が発生したという想定での訓練では、通報および避難誘導、屋内消火栓設備を用いた消火訓練を行い、有事の際に備え防災意識の向上を図りました。

平成23年(2011年)に発生した東日本大震災は東北の人々の生活を一変させました。「10年以上も前に起きたこと」「松山から遠く離れた場所で起きたこと」ではありません。東海沖から四国沖にかけての領域を震源とする南海トラフ地震も、今後30年以内に高い確率で発生するといわれており、災害と隣り合わせで私たち松山市民も生活しています。

今後も中央公園では実際の災害発生時に備え、施設利用者および職員の安全を守るための取組みを継続して参ります。

 

 

 

 

「アクアパレットまつやま換水作業」

お知らせ, 中央公園, 水泳 | by okada
6月 01 2024 年

(松山中央公園プール)

 

平素より松山中央公園をご利用頂き誠にありがとうございます。アクアパレットまつやま(松山中央公園プール)は、令和6年6月1日(土)から6月14日(金)までの間、換水作業(水の入替え・清掃・設備点検等)のため休館となっております。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

なお、令和6年6月15日(土)より、全長約103m・高低差約12mのスライダーを備える屋外プールもオープンし、9月8日(日)まで無休での営業となります。皆様のご来場を心よりお待ちしております。(詳細につきましてはホームページをご確認ください。)

 

 

 

 

 

 

「世界パラ陸上銀メダル獲得&パリパラ内定!」

お知らせ, 中央公園, 陸上競技 | by okada
5月 28 2024 年

(石山大輝選手/神戸2024世界パラ陸上競技選手権)

 

先日(5/20)開催された「神戸2024世界パラ陸上競技選手権」の男子走り幅跳び視覚障害T12クラスに、当財団のイベントやキッズ教室で講師を務めてくれたことのある石山大輝選手(松山市出身)が出場。

石山選手は3回目の跳躍でシーズンベストとなる6m85cmを記録、4回目に6m97cmを跳んで更に記録を伸ばし、そして観客に手拍子を求めて臨んだ最終6回目には自らが持つ日本記録を1cm更新する7m08cmをマークして銀メダルを獲得しました。

パリ2024パラリンピック競技大会の日本代表にも内定となり、「記録を伸ばすことだけ考えて、走りも跳躍も磨いていく」と意気込みと決意を語ってくれた石山選手。パリでも100m10秒台のスピードを生かしたかダイナミックな跳躍を楽しみにしています。本当におめでとうございました。

 

「松山中央公園キッズテニス教室」

お知らせ, キッズ, テニス, 中央公園 | by okada
5月 25 2024 年

(松山中央公園キッズテニス教室)

 

当財団のキッズテニス教室では、「ボールがラケットに全く当たらない」ということにならないよう、ジュニア専用ボールはもちろん、長さや重さの違う数種類のラケットなど、年齢や身長に合わせた道具を全て用意して教室を開催しております。

本日(5/25)の松山中央公園キッズテニス教室で初めてラケットを握った子どもさんも、動いているボールと自分との距離感などのコツをすぐに掴み、ラケットを上手く扱いながら、コーチやお友達とのラリーを楽しんでいました。

 

「後夜祭が開催されました」

お知らせ, 中央公園, 野球 | by okada
5月 16 2024 年

(松山中央公園坊っちゃんスタジアム)

 

5/16(木)、2024年度SwallowsCREW会員限定後夜祭」が坊っちゃんスタジアムで開催され、当財団職員もバックステージツアーのガイドとして参加させていただきました。昨日までの試合の余韻を感じながら楽しい時間をお過ごしいただけましたでしょうか。

ツアーを通じて全国各地の野球ファンの方々と交流を深めることができましたこと、中央公園職員一同たいへん嬉しく思っております。たくさんのご参加ありがとうございました。

つば九郎オフィシャルブログ「つば九郎ひと言日記」でも後夜祭の様子が紹介されておりますので是非ご覧ください。コメント欄もつば九郎ファンからの楽しい投稿がいっぱいです!

 

「ご来場ありがとうございました」

お知らせ, 中央公園, 野球 | by okada
5月 16 2024 年

(松山中央公園坊っちゃんスタジアム)

 

令和6年5月14日(火)・15日(水)に当財団管理施設の坊っちゃんスタジアムで開催されました「東京ヤクルトスワローズvs広島東洋カープ」の試合には、2日間で約3万9,000人の皆様にご来場いただき野球観戦を楽しんでいただきました。

松山中央公園では今後もスポーツの喜びと感動を皆様に提供し、これまで以上に活力と潤いに満ちた施設づくりを目指してまいります。沢山のご来場ありがとうございました。

 

「史上最年少200号本塁打達成&完封勝利!」

お知らせ, 中央公園, 野球 | by okada
5月 15 2024 年

(松山中央公園坊っちゃんスタジアム)

 

坊っちゃんスタジアム(松山中央公園)で開催の2024プロ野球公式戦「東京ヤクルトスワローズvs広島東洋カープ」が終了いたしました。

松山での史上最年少200号本塁打達成、東京ヤクルトスワローズ完封勝利おめでとうございます!