‘コミセン’ カテゴリーのアーカイブ

「階段健康標語」

お知らせ, コミセン, 健康情報 | by okada
3月 09 2021 年

(松山市総合コミュニティセンター)

 

最近ではスマートフォンのアプリなどで簡単に自分の歩数量がチェックできるようになりましたが、皆さんは毎日どのくらい歩いていますか?厚生労働省の最新の国民健康・栄養調査では、日本人の1日平均の歩数は男性6,794歩・女性5,942歩と報告されています。

「健康の為には歩くことが大切とわかっているけどなかなか始められない」という方は、まずは日常生活の中で工夫をして体を動かし、少しずつ運動を習慣にしてみませんか。

当財団では「市民の皆様の健康づくりのきっかけ推進」「健康に働き続けられる職場環境づくり」の一環として松山市総合コミュニティセンターの階段に健康標語や消費カロリーを掲示しております。施設をご利用の際は是非ご覧くださいね。

 

「防災訓練」

お知らせ, コミセン | by okada
3月 02 2021 年

 

年間約78万人を超えるお客様に足を運んで頂いております「松山市総合コミュニティセンター(体育館・温水プール・文化ホール・研修室・こども館・コスモシアター・企画展示ホール)」。もしこのような不特定多数の方が利用する施設で想定外の災害が起きたとしても、現場の職員が状況を的確に判断し即座に行動できるよう、当財団では定期的に避難訓練や消防訓練を行っております。

2011年3月11日に発生した東日本大震災は東北の人々の生活を一変させました。「10年も前に起きたこと」「愛媛から離れた場所で起きたこと」ではありません。地震や台風、豪雨などの自然災害と隣り合わせで私たち松山市民も生活をしています。

今回の訓練(3月1日実施)はいつ起きてもおかしくないと言われている「南海トラフ地震」を想定した避難誘導等のシュミレーションを行い、施設のハード面とソフト面の両面から具体的な安全管理対策の提案を行い、効果的な避難誘導計画の策定、安全対策の強化に繋げていくことを目的として実施しました。

体で覚えた行動は万一のときに役立ちます。「訓練で出来ないことは本番でも出来ない」「訓練は本番のように本番は訓練のように」とよく言われますが全くその通りだと思います。私もいざという時に安全で確実な行動が行えるよう、日頃から防災意識を持ち業務にあたりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

「ソーシャルディスタンス」

コミセン, ジョギング, 中央公園, 申込用紙 | by okada
2月 26 2021 年

(ジョギング教室コミセンコース)

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府やWHOは感染対策として様々な施策を行ってきました。その一環として知られているのが「ソーシャルディスタンス」。ある一定の距離を保つことで飛沫や接触を避け、感染リスクを軽減するというものです。実際にその施策が導入されたことで、予防に対する意識の向上にもつながり、より強い危機感と緊張感を持ちながら生活を送る環境が整いました。

もちろん当財団事業でも参加人数の制限を行ったり、正面からの飛沫を防ぐ指導隊形にするなど「人と人との距離」をしっかりと確保して実施しておりますが、不安が渦巻く今の社会において「心の距離」はむしろ縮めることが必要だと考えております。

松山中央公園と松山市総合コミュニティセンターで開催しておりますジョギング教室では、「今日はいつもより疲れず長い距離を走る事ができた」「今日はいつもより速いペースで走る事ができた」など些細な事でも共有してくれ、応援してくれる仲間がいっぱいです。共に競い、共に励まし合える仲間と一緒に楽しく走りましょう!皆さんのご応募お待ちしております。

 

※ご参加される皆様の健康と安全を最優先するため、新型コロナウイルスの感染拡大の状況によって、教室を中止(延期)する場合があります。開催の有無は財団ホームページ(http://www.cul-spo.or.jp/)にてお知らせいたします。なお、教室での新型コロナウイルス感染拡大防止対応につきましては、別紙に記載しております内容をご確認いただき、同意の上お申込みください。

 

「体組成測定サービス(3月)」

お知らせ, コミセン, 健康情報 | by okada
2月 18 2021 年

 

公益財団法人松山市文化・スポーツ振興財団では、松山市総合コミュニティセンター体育館1階ロビーにて「体組成測定サービス(無料)」を実施しております。

ご家庭の体重計では測ることのできない「部位別筋肉量」「部位別体脂肪量」「体型評価」などを把握し、運動を始めるきっかけづくりや、普段の運動効果の確認に役立てください。皆様のご参加お待ちしております。

 

◆体組成測定サービス

【日  程】

3月 2日(火)・ 3月 3日(水)

3月11日(木)・ 3月12日(金)

3月16日(火)・ 3月17日(水)

3月25日(木)・ 3月26日(金)

【時  間】 14:00~16:00(時間帯によってはお待ちいただくことがございます。ご了承ください。)

【会  場】 松山市総合コミュニティセンター体育館1階ロビー

【参加費用】 無料

【準 備 物】 マスク

【申込方法】 測定日当日申込

【お問合せ】 スポーツ振興課 TEL089-909-6154

 

※ご参加される皆様の健康と安全を最優先するため、新型コロナウイルスの感染拡大の状況によって、測定を中止(延期)する場合があります。なお、参加日には検温及びコロナ予防チェックシート(兼出席確認票)のご提出をお願いしております。(ご提出いただいたコロナ予防チェックシートについては、新型コロナウイルス感染発症の追跡調査に使用する以外には一切使用いたしません。)ご理解ご協力よろしくお願いいたします。

 

「体組成測定サービス(2月)」

お知らせ, コミセン, 健康情報 | by okada
1月 29 2021 年

 

1月28日(木)・29日(金)に松山市総合コミュニティセンター体育館ロビーで「体組成測定サービス(無料)」を実施しました。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う様々な制限によるストレスや、運動不足による健康二次被害(運動機能の低下)が大きな問題となっていますが、このサービスは少しでも市民の心と体を豊かにし、生活に潤いを与えられるよう、施設利用者に対して体組成測定を実施し、測定結果に基づいたアドバイスを提供する内容となっております。

体組成とは簡単に言うと「カラダが何で出来ているか」ということです。脂肪が多すぎたり、筋肉が少なすぎたりと、体組成のバランスが悪いと生活習慣病や体調の乱れにつながります。

たとえば、肥満や生活習慣病の予防・改善には、まず自分のからだの状態を「知る」ことが大切です。今は健康であっても、将来の健康は自分自身で確保しなければなりません。そのためには、からだの状態を総合的にチェックし、常日頃から健康を意識する必要があります。

体組成計を利用すれば、体重計や体脂肪計では分からなかった「筋肉量の減少」や「基礎代謝量の減少」「内臓脂肪レベルの増加」などに気づくことができます。それらの変化に気づくことで、肥満や間違ったダイエットを防ぐことができる、これが体組成をはかるメリットです。体組成を継続的に計測して、日々の健康管理と維持・増進を心掛けましょう。

 

◆体組成測定サービス

【日  程】

2月 2日(火)・ 2月 3日(水)

2月11日(木)・ 2月12日(金)

2月16日(火)・ 2月17日(水)

2月25日(木)・ 2月26日(金)

【時  間】 14:00~16:00(時間帯によってはお待ちいただくことがございます。ご了承ください。)

【会  場】 松山市総合コミュニティセンター体育館1階ロビー

【参加費用】 無料

【準 備 物】 マスク

【申込方法】 測定日当日申込

【お問合せ】 スポーツ振興課 TEL089-909-6154

 

※ご参加される皆様の健康と安全を最優先するため、新型コロナウイルスの感染拡大の状況によって、測定を中止(延期)する場合があります。なお、参加日には検温及びコロナ予防チェックシート(兼出席確認票)のご提出をお願いしております。(ご提出いただいたコロナ予防チェックシートについては、新型コロナウイルス感染発症の追跡調査に使用する以外には一切使用いたしません。)ご理解ご協力よろしくお願いいたします。

 

「プロジェクトD参加者募集」

コミセン, プロジェクトD, 申込用紙 | by okada
11月 20 2020 年

(健康ダイエット事業「プロジェクトD」)

 

同じ目標を持つ仲間と一緒に、正しい運動方法や望ましい食習慣を学び、実践していくプロジェクトD(男性ダイエット教室)。専門指導員(健康運動指導士・栄養士)が参加者一人ひとりの体力、ライフスタイルに合わせたプログラムを提案する教室です。

意識と知識が変われば身体も変わります。専門指導員が参加者一人ひとりの目標に向けてしっかりとサポートしていく「プロジェクトD」。私たちと一緒に、仕事や子育て、趣味などあらゆることに積極的に行動できる健康な身体を手に入れましょう。ご参加お待ちしております。

 

※ご参加される皆様の健康と安全を最優先するため、新型コロナウイルスの感染拡大の状況によって、教室を中止(延期)する場合があります。開催の有無は財団ホームページ(http://www.cul-spo.or.jp/)にてお知らせいたします。なお、教室での新型コロナウイルス感染拡大防止対応につきましては、別紙に記載しております内容をご確認いただき、同意の上お申込みください。

 

「仲間作り」

コミセン, ジョギング, 中央公園, 申込用紙 | by okada
11月 09 2020 年

(ジョギング教室)

 

ジョギングは誰でも簡単に始めることが出来ます。走りやすいシューズとウェアさえあれば、家の周りでも河川敷でも好きなところを走ることができます。ただし始めるのは簡単でも続けることが難しいのです。

「今日はいつもより疲れず走る事ができた」「今日はいつもより速いペースで走る事ができた」など些細な事でも共有してくれ、応援してくれる人がいると俄然やる気が出てくるものです。

当財団では松山中央公園と松山市総合コミュニティセンターでジョギング教室を開催しています。それぞれの走力に合ったグループで、仲間と一緒に楽しく走りましょう!皆さんのご応募お待ちしております。

 

※ご参加される皆様の健康と安全を最優先するため、新型コロナウイルスの感染拡大の状況によって、教室を中止(延期)する場合があります。開催の有無は財団ホームページ(http://www.cul-spo.or.jp/)にてお知らせいたします。なお、教室での新型コロナウイルス感染拡大防止対応につきましては、別紙に記載しております内容をご確認いただき、同意の上お申込みください。

 

「スポーツ事業参加時におけるコロナ予防チェックシートの提出について」

お知らせ, コミセン, 中央公園, 北条スポーツセンター | by okada
10月 21 2020 年

 

平素より公益財団法人松山市文化・スポーツ振興財団主催スポーツ事業における新型コロナウイルス感染症への対策にご理解・ご協力をいただきありがとうございます。

当財団では管理施設への感染の持ち込みリスクを抑える目的で、「手指の消毒」「検温」「館内換気」「参加人数制限」「飛沫防止用アクリル板設置」などを教室(イベント)における感染予防対策として実施しており、参加当日には「コロナ予防チェックシート」の提出をお願いしております。

今後も市民の皆様に安心・安全に教室(イベント)にご参加いただけますよう新型コロナウイルス対策には万全を期してまいりますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

 

 
 

「eスポーツ」

コミセン, 未分類 | by okada
9月 27 2020 年

(松山市文化・スポーツ振興財団10周年記念カルスポフェスタ)

 

9月22日(火/祝)に松山市総合コミュニティセンターで開催された「松山市文化・スポーツ振興財団10周年記念カルスポフェスタ」。野球やパズルゲームの体験会、頭にヘッドマウントディスプレイと腕にアームセンサーを装着して楽しむAR技術(拡張現実)を用いたスポーツゲーム、全国大会出場をかけたサッカーゲームの県予選などが行われ、ご来場いただきました約200名の皆さんに「eスポーツ」を楽しんでいただきました。

「eスポーツ」とは「エレクトロニック・スポーツ」の略で、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲームやビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称です。パリ五輪招致委員会の共同議長も「eスポーツ」を新たな競技種目として追加する可能性について、「Noとは言いたくありません。国際オリンピック委員会とeスポーツ関係者と、どのようなアプローチをするかを話し合っていきたいです。大きな成功を収めているeスポーツは非常に興味深いものです」と取材の中で応えているのです。

ちなみに「eスポーツ」は世界中で競技人口は1億3,000万人、視聴者は3億人を超えると言われており、2022年のアジア競技大会では正式種目に採用されることが決定しています。オリンピックで正式な種目として採用されれば、大きな旋風を巻き起こすことは間違いないでしょう!

 

 

 

 

 

 

「2~3ヵ月」

コミセン, プロジェクトD, 健康情報 | by okada
8月 28 2020 年

(プロジェクトD)

 

健康的な食生活や定期的な運動など「今日から頑張ろう!」と思って始めてもすぐに挫折してしまった経験はありませんか?

ロンドン大学の研究によると、約100人の被験者に「ボトル1本の水を飲む」「15分走る」「50回腹筋運動をする」などの選択肢の中から未経験の行動を1つ選んでもらい、それを毎日継続して習慣化できるかを実験したそうです。

その結果、被験者が習慣化するのに要した平均値は約66日間。つまり人は約2ヶ月間努力すれば新しいことを習慣化できるということになるのです。

ただし、習慣化にかかる時間の長さは「個人差」というよりも「困難差」が関係しており、「ボトル1本の水を飲む」などの飲食行動に比べると、「15分走る」「50回腹筋運動をする」などの運動行動の習慣化に要した時間は約1.5倍となったそうです。

つまり、食習慣を見直すには約2ヶ月、運動習慣を見直すには約3ヶ月が目安ということ。専門指導員による栄養指導や運動指導が約4ヶ月間続く「プロジェクトD(男性ダイエット教室)」でご自身の生活習慣を見直してみませんか?ご応募お待ちしております。

 

 

※ご参加される皆様の健康と安全を最優先するため、新型コロナウイルスの感染拡大の状況によって、教室を中止(延期)する場合があります。開催の有無は財団ホームページ(http://www.cul-spo.or.jp/)にてお知らせいたします。なお、教室での新型コロナウイルス感染拡大防止対応につきましては、別紙に記載しております内容をご確認いただき、同意の上お申込みください。