home 未分類, 野活の四季 野外活動センターの四季だより -16-

野外活動センターの四季だより -16-

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

野外活動センターの 芝生広場周辺で 冬の間に出会える
野活の「まっくろくろすけ」(ちょっと茶色っぽいですが—)

冬の間 地面や木の上に いっぱい います。

架空の妖精「まっくろくろすけ」になんとなく似てませんか?


妖精キャラクターの「ススワタリ(=まっくろくろすけ)」は
手でつかまえると潰れて煤で まっ黒になりますが、
野活の「まっくろくろすけ」は とげとげで硬くて ちょっと手ではつぶせません。

正体は「モミジバフウ(別名:アメリカフウ)」の 果実の種の抜け殻。

12月頃、種を飛ばしてから、落ちてくる種の抜け殻です。
クリスマスリース作りの材料にもなる硬い殻。(穴の部分は種が抜けた痕)


3月までは 芝生広場のあちこちで観られますが、
春の訪れで桜の花が咲く頃 ご来場の皆さんの姿が多くなると 
いつの間にか いなくなります。

新しい「まっくろくろすけ」の赤ちゃん(=花)は
4月に若葉の芽吹きと同時に生まれてきます。

 


「モミジバフウ」は 秋にカエデに似た綺麗な紅葉を魅せてくれます。

紅葉が散る頃、種を飛ばして、また新しい「まっくろくろすけ」たちが姿をみせてくれます。

四季折々 自然の面白いもの 見つけに お越しください。

ちょこっと めだま をつけてみました(オモシロ工作の材料にもなります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

認証してコメントして下さい 必須*