‘健康情報’ カテゴリーのアーカイブ

「体組成計」

健康情報, コミセン, 愛媛大学 | by okada
1月 15 2019 年

(愛媛大学社会共創学部協働事業「女性だけのシェイプアップ教室」)

 

連日続いた忘年会、飲んで食べてを繰り返したお正月、この年末年始であっという間に体重が増えてしまった方も多いのではないでしょうか。皆さんの身体の組成(骨・筋肉・内臓など)のバランスは20歳代でほぼ出来上がり、それ以降はほぼ変化しません。つまり20歳代以降に増えてしまった体重のほとんどが「体脂肪」だということなのです。

そんな体脂肪率や筋肉量などを手軽に測定する事ができるのが体組成計。年明けから松山市総合コミュニティセンター体育館でスタートした、当財団と愛媛大学社会共創学部との協働事業「女性だけのシェイプアップ教室」でも、体組成計の測定データに基づいたアドバイスを行っております。

現在では様々な種類の体脂肪計や体組成計が市販されていますが、そのほとんどの機種が「インピーダンス法」を採用しています。インピーダンスとは電気抵抗を表す言葉なのですが、水分を多く含む筋肉は電気が通りやすく、水分が少ない脂肪は電気が通りにくいという性質を利用して、体に微弱な電流を流して体内の電気抵抗、すなわち脂肪量を測定するのです。つまり、電流の通りがよく、電気抵抗の値が少ない人は体脂肪率が低く、逆に電流の通りが悪く、電気抵抗の値が多い人は体脂肪率が高くなるのです。

「女性だけのシェイプアップ教室」受講生の皆さん、教室は3月中旬まで続きます。大切なのは長い目で数値の変化を見る事です。バランスのとれた食事や継続的な運動を心がけながら、定期的に体組成の測定を行い、数値の変化を確認して下さいね!

 

「3人に1人」

健康情報, フィットネス, コミセン, コンディショニング | by okada
10月 16 2018 年

 

WHO(世界保健機関)は世界の18歳以上の28%にあたる14億人が運動不足で、糖尿病や心血管疾患、癌や認知症などになるリスクが高いとする研究報告を発表しました。この研究は2016年に世界168ヶ国の18歳以上の約190万人を対象に、職場や家庭、交通移動での運動・身体活動について調査されました。

WHOは成人に対して、1週間で150分以上のウォーキングや軽いサイクリングなどの適度な運動か、75分以上のランニングやエアロビクスなどの激しい運動、主要な筋肉を鍛える筋力トレーニングを週に2~3日行うよう推奨していますが、日本では36%の人がこの目標に到達しておらず、3人に1人が健康を維持するのに必要な運動・身体活動を行っていないことがわかったのです。

健康運動指導士の私達は、松山市民の皆様の健康や、医療費削減に少しでも貢献できればとの思いで教室を開催しております。松山市総合コミュニティセンター体育館では、気軽に1回ごと参加できる「ワンコインフィットネス教室」や「はじめてマシン」を開催しています。たくさんのお申込みお待ちしております。

 

◆ワンコインフィットネス

【対象】 18歳以上で運動しても健康上問題のない方

【コース】

①Aコース(カラダ引締めバランスボール)

内容:バランスボールを使い、引締めに効果的なエクササイズ(筋力トレーニング)を行います。

日程:11月9日(金) 時間:10:30~11:30

②Bコース(ウォーキングコンディショニング)

内容:正しく美しく歩く為に効果的なエクササイズ(ストレッチ・筋力トレーニング)を行います。

日程:11月30日(金) 時間:10:30~11:30

【定員】 各コース15名

【会場】 松山市総合コミュニティセンター体育館会議室

【参加費用】 各コース500円

【準備物】 運動しやすい服装・タオル・飲料水・健康チェック表(兼誓約書)※平成30年度に未提出の方

【申込方法】 はがきもしくは松山市総合コミュニティセンター体育館に設置しております所定の申込用紙に必要事項ご記入の上、お申込み下さい。

【申込期間】 10月25日(木)必着。応募多数の場合は抽選となります。

【電話】 松山市総合コミュニティセンター体育館 TEL089-943-8188

 

「時間を見つけてカラダを動かそう!」

健康情報 | by okada
9月 28 2018 年

(松山市総合コミュニティセンター総合案内)

 

約半世紀前にイギリスのモリス博士がロンドンバスの従業員の健康状態を調べました。すると車掌さんより運転手さんの方が心筋梗塞が原因で亡くなる率が2倍近く高いことがわかったのです。また郵便局の事務員さんと配達員さんを調べると同様の結果が報告されたのです。

つまり、ほぼ毎日バスの1階と2階を行き来し、知らず知らずのうちに階段ウォーキングを行っていた車掌さんや、自転車にたくさんの荷物を積み込み、1日何十キロもサイクリングを行っていた郵便配達員さんは、仕事中にしっかりと身体を動かして生活習慣病を予防していたということになるのです。

勤務中もっぱら机にしがみつき、パソコンと格闘している事務職の皆さん、終日座りっぱなしで仕事をしなければならない受付業務の皆さんはついつい運動不足になりがちです。1日の中で今よりプラス10分多く身体を動かすだけでも、癌発生率を3.2%、生活習慣病を3.6%、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)や認知症発症のリスクを8.8%も減らす事ができると厚生労働省研究班の研究データが示しています。出勤前や昼休みなどを上手く利用して健康維持に努めて下さいね。

 

「運動を始めましょう」

健康情報, コミセン | by okada
4月 05 2018 年

 

運動を定期的に行う方は、肥満や骨粗鬆症、高血圧や糖尿病にかかるリスクが低くなるといわれています。ポカポカと暖かくなり、カラダもココロも軽くなる春は、運動を始めるターニングポイントとしてぴったりな季節ではないでしょうか。

松山市総合コミュニティセンター体育館トレーニングルームでは、健康維持・増進が目的の中高年の方から、筋力アップが目的のアスリートまで満足していただける、充実したトレーニング環境を整備しております。皆様のご利用お待ちしております。

 

◆松山市総合コミュニティセンター体育館トレーニングルーム

【営業時間】 AM9:00~PM9:00

【利用料金】 1回につき300円(高校生以上利用可)

【休館日】  毎週月曜日(ただし祝祭日の場合は営業)

 

「健康寿命」

健康情報, コミセン | by okada
3月 15 2018 年

(坊っちゃんカップ・第11回道後温泉卓球大会)

 

どんなに若く、どんなに元気な人でもいつかは老い、そして最後を迎えます。これはこの世に生を受けた人が背負った宿命でもあります。だからこそ1日1日を充実した形で過ごし、元気で長生きしたいと誰もが強く思うのではないでしょうか。日本は世界に誇れる長寿国となりましたが、本当に長寿を楽しむ為には、健康上の理由で日常生活が制限されることなく過ごせる「健康寿命」を延ばす事が大切です。

「健康寿命」は3年ごとに厚生労働省が公表しており、初回の2001年(男性69.40歳、女性は72.65歳)から延び続けており、2016年時点では、前回(2013年)と比べて男性は0.95歳、女性は0.58歳延び、男性72.14歳、女性は74.79歳となり、男女とも過去最長を更新しました。

そういった中、先日開催された「坊っちゃんカップ・第11回道後温泉卓球大会」にも80歳以上の現役選手の方が、過去最高となる29名(最高齢89歳)にご参加して頂き、その年齢を感じさせないチャレンジに感服し、同時に気持ちが引き締まる思いになりました。

「健康寿命」を少しでも延ばす為には、日頃の運動やバランスの良い食事など、規則正しい生活が大切です。松山市総合コミュニティセンター体育館では4月から開催予定のスポーツ教室の募集を行っております。詳細(内容・運動強度・受講料・施設使用料等)につきましてはお電話(089-943-8188)にてお問合せ下さい。皆様のお申込みお待ちしております。

 

◆卓球教室(10回コース)

初級Aコース 4月10日(火)~7月 3日(火) 12:00~14:00

初級Bコース 4月11日(水)~6月27日(水) 14:00~16:00

初級Cコース 4月12日(木)~7月 5日(木) 12:00~14:00

中級Aコース 4月10日(火)~7月 3日(火) 14:00~16:00

中級Bコース 4月11日(水)~6月27日(水) 12:00~14:00

中級Cコース 4月12日(木)~7月 5日(木) 14:00~16:00

中級Dコース 4月13日(金)~6月29日(金) 12:00~14:00

中級Eコース 4月13日(金)~6月29日(金) 14:00~16:00

◆ストレッチ&筋トレ教室(9~10回コース)

Aコース 4月4日(水)~6月13日(水) 13:00~14:00

Bコース 4月4日(水)~6月13日(水) 14:30~15:30

Cコース 4月5日(木)~6月21日(水) 10:30~11:30

Dコース 4月6日(金)~6月22日(金) 13:00~14:00

Eコース 4月6日(金)~6月22日(金) 14:30~15:30

Fコース 4月7日(土)~6月30日(土)  9:30~10:30

Gコース 4月7日(土)~6月30日(土) 11:00~12:00

◆バランスボールエクササイズ教室(9~10回コース)

Aコース 4月3日(火)~6月12日(火)  9:30~10:20

Bコース 4月3日(火)~6月12日(火) 10:30~11:20

Cコース 4月5日(木)~6月21日(水)  9:30~10:20

Dコース 4月7日(土)~6月30日(土) 14:00~14:50

◆シェイプアップボクシングエアロビクス教室(10回コース)

4月4日(水)~6月13日(水) 12:10~12:50

◆らくらくエアロビクス教室(10回コース)

4月5日(木)~6月21日(木) 12:10~12:50

◆初めてのヨガ教室(10回コース)

4月4日(水)~6月13日(水)  9:30~10:30

◆初めてのピラティス教室(9~10回コース)

Aコース 4月 4日(水)~6月13日(水) 11:00~11:50

Bコース 4月12日(木)~6月28日(木) 13:00~13:50

◆初めてのジョギング教室(10回コース)

Aコース 4月10日(火)~6月19日(火) 19:00~20:30

Bコース 4月12日(木)~6月28日(木) 19:00~20:30

◆キッズコーディネーション教室(10回コース)

ベーシックコース  4月10日(火)~6月26日(火) 17:00~17:50

レベルアップコース 4月10日(火)~6月26日(火) 17:00~17:50

◆水泳教室(12回コース)

初級バタフライ&クロールコース 

4月10日(火)~7月3日(火) 11:00~12:30

はじめてクロールコース 

4月10日(火)~7月3日(火) 13:00~14:30

4種目泳ごうコース 

4月10日(火)~7月3日(火) 11:00~12:30

初級平泳ぎ&クロールコース

4月11日(水)~6月27日(水) 9:30~11:00

中級クロールコース 

4月11日(水)~6月27日(主) 13:00~14:30

初級クロールコース 

4月13日(金)~7月 6日(金) 13:00~14:30

◆アクアジョギング教室(10回コース)

4月12日(木)~7月5日(木)9:30~10:15

◆アクアウォーキング教室(10回コース)

Aコース 4月12日(木)~7月5日(木) 13:00~13:45

Bコース 4月12日(木)~7月5日(木) 13:45~14:30

◆アクアエアロビクス教室(10回コース)

Aコース(中級) 4月11日(水)~6月27日(水) 11:15~12:00

Bコース(初級) 4月12日(木)~7月 5日(木) 11:15~12:00

◆アフターファイブ水泳教室(10回コース)

中級クロールコース 

4月11日(水)~6月27日(水) 19:30~21:00

中級バタフライ&クロールコース 

4月12日(木)~7月5日(木) 19:30~21:00

はじめてクロールコース 

4月13日(金)~7月6日(金) 19:30~21:00

初級平泳ぎ&クロールコース

4月14日(土)~7月7日(土) 19:30~21:00

◆アフターファイブアクアエアロビクス教室(10回コース)

4月12日(木)~7月5日(木) 18:45~19:30

◆親子ふれあい教室(10回コース)

Aコース 4月14日(土)~6月23日(土)  9:15~10:00

Bコース 4月14日(土)~6月23日(土) 10:15~11:00

Cコース 4月14日(土)~6月23日(土) 11:15~12:00

 

お申込みは平成30年3月27日(火)必着となっております。皆様のご応募お待ちしております。

 

「救命講習会」

健康情報 | by okada
3月 09 2018 年

 

松山市では119番通報から、救急車が現場に到着するまでの所要時間は約7分。救急車到着までの時間は生死を左右する最も重要な時間です。到着するまでに何も応急処置しなければ救命の可能性は10%程度と言われており、仮に一命を取り留めたとしても、元の生活が出来るまでに回復することは非常に困難となってしまうのです。

当財団では職員一人ひとりが、現場で起こる様々な状況に迅速かつ冷静な判断力で対応でき、市民の皆様の大切な命を救えるよう、定期的に救命講習会を実施しています。今回も松山市消防局から講師を招き、人工呼吸や胸骨圧迫といった心肺蘇生法、AED(自動体外式除細動器)の使用方法、出血手当などを学びました。

 

「お勧め6種目」

健康情報, トレーニング, コミセン | by okada
1月 11 2018 年

(松山市総合コミュニティセンター体育館トレーニングルーム)

 

松山市総合コミュニティセンターのトレーニングルームを初めてご利用されるお客様の中には、これまでの運動不足を少しでも早く取り戻そうと、ずらりと並んだ筋力トレーニングのマシンを律儀に全種目制覇される方が沢山いらっしゃいます。

確かに健康維持や筋力アップの為には、全身の筋肉を万遍なく鍛えるべきなのですが、全種目制覇となるとかなりハード。やがて筋肉痛の辛さが苦痛となり、せっかく始めた筋力トレーニングをやめてしまうかもしれません。

そこで私達(健康運動指導士)のお勧めは、チェストプレス(胸・肩・腕後ろ)、ラットマシン(背中・腕前)、クランチ(お腹)、バックエクステンション(腰)、レッグプレス(太もも前・太もも後ろ、お尻)、カーフレイズ(ふくらはぎ)の6種目。この6種目を行えば、上半身・体幹・下半身の主要な筋肉に刺激を与えることができるのです。

新しい年を迎え、心を新たに何かにチャレンジしたいという気持ちに溢れている人もきっと多いのではないでしょうか。そこで、最初は少し物足りない程度の負荷からでもいいので筋力トレーニングを始めてみませんか?松山市総合コミュニティセンター体育館では2月1日(木)に「はじめてマシン教室」を開催いたします。

この教室は「マシントレーニングを始めてみたい」「マシンの使い方がよくわからない」という方が対象で、もちろん「お勧め6種目」も親切丁寧にアドバイスさせて頂きます。1月25日(木)午前9時より電話受付開始、定員になり次第締め切らせていただきます。皆様のご応募お待ちしております。

 

◆はじめてマシン教室

【対象】 18歳以上で運動しても健康上問題のない方 (問診表で健康である旨の誓約書の提出が必要)

【内容】 運動不足解消や健康維持、筋力強化などの為に筋力トレーニングを始めてみたいけど、マシンの使い方がわからないという方を対象に、マシントレーニング指導を行う教室です。

【日程】 2月1日 (木曜) 14:00~16:00

【定員】 5名 (電話受付先着5名)

【会場】 松山市総合コミュニティセンター体育館トレーニングルーム

【参加費用】 受講料500円

【準備物】 運動できる服装・上靴・タオル・飲料水(ペットボトル等の蓋付きでお願いします)・健康チェック表(兼誓約書)※平成29年度に未提出の方

【申込方法】 1月25日(木)午前9時より電話受付(先着順)

【電話】 松山市総合コミュニティセンター体育館 TEL089-943-8188

 

「体脂肪」

健康情報, トレーニング, コミセン | by okada
1月 10 2018 年

(松山市総合コミュニティセンター体育館トレーニングルーム)

 

忘年会が続いた師走、甘くて美味しかったクリスマスケーキ、こたつに座り飲んで食べてを繰り返したお正月、この年末年始であっという間に体重が増えてしまった方も多いのではないでしょうか。

皆さんの身体の組成(骨・筋肉・内臓など)のバランスは20代でほぼ出来上がり、それ以降はほとんど変化しません。つまり20代以降に増えてしまった体重のほとんどが「体脂肪」だということなのです。

体脂肪は「体温を調節する」「少ない重量で大量のエネルギーを蓄えられる」「女性のホルモンバランスを正常に保つ」など身体にとって重要なものですが、必要以上に蓄積してしまうと健康を損ねる危険性もあります。健康的な生活を維持するためにも、バランスのとれた食事や継続的な運動を心がけて下さいね。

 

◆パーソナルアドバイス教室

【対象】 18歳以上で運動しても健康上問題のない方(問診表で健康である旨の誓約書の提出が必要)

【内容】 マンツーマン(1対1)で体幹トレーニング、マシントレーニングなどのエクササイズ指導を行う教室です。豊富な知識と経験と持った当財団専門指導員(健康運動指導士・NSCA-CSCS)が、個々の目的に合わせたトレーニングメニューを立案・考察・調整、体組成計での測定などを行い、目的地(目標)まで の最短距離をナビゲーションいたします。

【コース】

2月 7日コース(水曜)

2月14日コース(水曜)

2月28日コース(水曜)

【時間】 各コース14:00~15:30

【定員】 各コース1名(先着順)

【会場】 松山市総合コミュニティセンター体育館トレーニングルーム他

【参加費用】 1,300円 

【準備物】 運動しやすい服装・上靴・タオル・飲料水(ペットボトル等の蓋付きでお願いします)・健康チェック表(兼誓約書)※平成29年度に未提出の方

【申込方法】 1月25日(木)午前9時より電話受付(先着順)。

【電話】 松山市総合コミュニティセンター体育館 TEL089-943-8188

 

「人生100年時代」

健康情報 | by okada
9月 19 2017 年

厚生労働省は日本全国の100歳以上の高齢者が前年より2,132人増え、過去最多の6万7,824人と発表しました。90歳以上の方も初めて200万人を超えたそうです。

老人福祉法が制定された1963年(昭和38年)には全国でわずか153人だった100歳以上の方が、1998年(平成10年)に1万人の大台に乗り、2003年(平成15年)に2万人、2007年(平成19年)に3万人、2009年(平成21年)に4万人、2012年(平成24年)には5万人、2015年(平成27年)には6万人を超え、長寿社会の進展を映すデータとなっています。

また、国立社会保障・人口問題研究所の将来人口推計によると、総人口は減少する中、100歳以上の方は今後も増え続け、2025年には13万3千人、2035年には25万6千人、2050年には53万2千人以上に上がると予測されています。20歳までは「教育」、20歳からは「仕事」、60歳で「引退」という人生設計はもはや時代遅れなのかもしれません。

現在45歳の私も2072年には100歳。それまで生きると仮定すると55年もの人生が残っている計算となります。人生100年時代を見据えた人生プランを立て、運動も継続しながら健康に留意し、自分らしい人生を過ごしていきたいと思います。

 

「お酒はプラス?それともマイナス?」

健康情報 | by okada
7月 24 2017 年

(松山市総合コミュ二ティセンター体育館トレーニングルーム)

 

日本には「酒は天の美禄」「酒は飲むべし飲まるるべからず」などお酒にまつわる諺(ことわざ)や格言が実にたくさんありますが、「酒は百毒の長」と「酒は百薬の長」では真逆の意味。実際にお酒は人間の身体にとってプラスなのでしょうか?それともマイナスなのでしょうか?

適量のお酒は健康面にプラス効果があることがわかっています。例えば暑い夏や運動後に食欲が出ない場合、お酒を飲む事によって食欲が増し、バランスよく栄養補給ができます。その他にも動脈硬化を防ぐ効果もあるのです。ですから「筋肉をつけたい」「健康になりたい」と思っている方にとっては、お酒は決してマイナスではないのです。

ただし、問題はお酒を飲み過ぎてしまう事。アルコールは肝臓でアセド・アルデヒドに分解されるのですが、それには容量の限度があります。限度を超えるとアルコールが分解されないまま血中に入り込み、筋肉や中枢神経に悪影響を及ぼす事がわかっています。つまり、お酒を飲み過ぎると筋肉が分解されやすくなるのです。

ですから「筋肉隆々の身体になりたい」という方がトレーニングを行った後に、二日酔いになるほどお酒を飲む事は絶対にお勧めできません。汗をかいた後のビールは格別だとは思いますが、お酒がトレーニング効果を最大限に得られる「百薬の長」となるよう、自分に合った適量を見つけ、楽しく美味しく飲んで下さいね!